コラム

TOP > SEO > 関連キーワードとは?SEO対策のポイント...

関連キーワードとは?SEO対策のポイントや取得ツール等を解説

SEO:2024年1月24日

関連キーワード

コンテンツ制作やSEO対策をするには、関連キーワードの存在が非常に重要で、調べ物をする際にも役立つでしょう。

しかし、関連キーワードについてよくわからない方にとっては、なぜ必要なのか、どうして表示されるのかわからない場合もあります。

そこで今回は、関連キーワードについて、SEO対策をする上でのポイントや取得ツールについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

関連キーワードとは

関連キーワードとは

※Google および Google ロゴは Google LLC の商標です。

関連キーワードとは、ユーザーが検索窓に入力したキーワードに関連性の高いあるいは連想されるキーワードを指します。

実際にユーザーが検索しているキーワードだからこそ、関連性が高くニーズを満たす可能性があるとして、Googleが表示するような仕組みを作りました。

例えば検索窓に「敬語」と入力すると、検索結果の下部に「他のキーワード」として

  • 敬語一覧
  • 敬語変換
  • 敬語の使い方一覧
  • 敬語とは 簡単に

といった語句が表示されるはずです。

この検索結果下部にあるキーワード群を「関連キーワード」と呼びます。

関連キーワードが表示される仕組み

Googleの検索アルゴリズムによって、表示される関連キーワードが決まります。

ユーザーが検索したキーワードに対して

  • 関連性のあるキーワード
  • 共起語
  • Webサイト内の情報

以上の要素から、アルゴリズムが判断し、関連キーワードを抽出して表示させているのが特徴です。

トレンドにも対応しており、関連性があるのならメインキーワードが含まれていない場合もあります

関連キーワードとサジェストキーワードの違い

サジェストキーワードは関連キーワードと類似したものです。

サジェストキーワードとは、検索窓に入力したワードに対応して下部に表示されるキーワードを指します。

Googleではオートコンプリート機能とも呼ばれ、

  • 過去に使用したキーワード
  • 過去に訪れたWebサイトの情報
  • 他のユーザーが検索したキーワード

上記をもとに、検索アルゴリズムが表示するのが特徴で、検索候補に過去に使用したキーワードもサジェスト内に表示されます。

また、ローカライズ機能もあるため、現在地や場所によっても表示されるサジェストキーワードが変わります。

検索キーワードに対して関連する候補が関連キーワード、検索ユーザーによって候補が変わるのがサジェストキーワードと覚えておきましょう。

Googleサジェストとは?仕組み・活用方法・抽出ツール等を解説

関連キーワードをSEO対策に取り入れる際のポイント

関連キーワードを活用する際、どのような点に気をつければいいでしょうか。

ここでは、SEO対策に向けた関連キーワードの取り入れ方についてご紹介します。

【ポイント①】新規記事として作成する

新規記事のタイトルあるいは見出しとして関連キーワードを取り入れる方法があります。

なぜなら、関連キーワードは検索ニーズがある程度明確になっているワードが表示されているからです。

検索数が少なくとも、検索意図が明確になっている場合には、提供する情報としては品質が高くなります

ただし、関連キーワードをそのまま使用して記事を作成すると、Webサイト全体のテーマから逸れてしまう可能性があるので注意が必要です。

新規記事に取り入れる際は、Webサイトのテーマと抽出した関連キーワードが合致しているかも含めて取り入れていきましょう。

【ポイント②】コンテンツ内に含める

既存記事のコンテンツ内に含める方法もあります。

この場合、タイトルに使用しているキーワードと関連性が認められれば、網羅的なコンテンツとしてGoogleから評価を得ることが可能です。

キーワードや検索意図に対して網羅性のあるコンテンツは上位表示されやすいため、リライトの際に関連キーワードは、よく取り入れられます。

ただし、記事全体のテーマとズレが生じないように含めましょう。

おすすめの関連キーワード取得ツール

ここでは、関連キーワード取得ツールを厳選してご紹介します。

無料で利用できるものもあるので、ぜひWebサイトやページのSEO対策に取り入れてみてください。

【ツール①】ラッコキーワード

ラッコキーワード

画像引用:無料のキーワードリサーチ|ラッコキーワード

ラッコキーワード」は、Webコンテンツ制作に携わる方なら誰しもが知っている有名なツールの1つです。

非ログインユーザーでも、1日5回までなら関連キーワードの検索ができます。

ラッコIDを登録した場合は、1日50回の検索ができ、

  • サジェストキーワード(Google・Bing・YouTube)
  • Yahoo!知恵袋
  • 共起語

など、さまざまな情報を取得可能です。

もし、1日50回以上検索する場合でも、各料金プランが用意されているため、個人から企業まで使い勝手のいいツールといえるでしょう。

【ツール②】キーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

画像引用:Google広告|キーワードプランナー

Googleが提供している関連キーワード取得ツールとして「キーワードプランナー」があります。

基本無料で利用することができ、

  • 新しいキーワードを見つける
  • 検索ボリュームと予測のデータを確認する

のどちらかを選択可能です。

関連キーワードを取得する場合は、「新しいキーワードを見つける」を選びましょう。

「新しいキーワードを見つける」で関連キーワードを見つけたら、「検索ボリュームと予測のデータを確認する」で、ニーズを確かめます。

また、キーワードプランナーはGoogle広告を配信する場合に必要なデータが揃うため、広告運用を検討している方におすすめです。

【ツール③】Keyword Tool

キーワードツール

画像引用:750以上のGoogleキーワードサジェストを無料で入手|Keyword Tool

Keyword Tool」は、抽出できるキーワードの量が他のツールよりも圧倒的に多く、SEOの現場においては非常に役立つツールです。

GoogleやBingをはじめ、TwitterやインスタグラムといったSNSのサジェストキーワードも取得できる特徴があります。

有料プランになると検索ボリュームや競合サイトのキーワード取得も利用可能です。

直感的な操作ができるため、Keyword Toolは誰でも手軽に利用ができるでしょう。

【ツール④】Kouho

Kouho

画像引用:キーワード候補を探すためのサジェストツール|Kouho

Kouho」は無料で利用でき、Google以外にもAmazonや楽天、Twitterの共起語も調べられるツールです。

検索履歴は30件まで表示可能で、取得したキーワードはテキストファイルにダウンロードできます。

取得までの時間も短く、使いやすさに長けているツールです。

【ツール⑤】Ubersuggest

ubersuggest

画像引用:無料キーワード提案ツール|Ubersuggest

Ubersuggest」は、関連キーワードだけでなく、検索ボリュームやSEO難易度についても調べられるツールです。

SEO対策を考える上で、関連キーワードだけでなく検索ボリューム数や競合の強さも考えなくてはいけません。

Ubersuggestでは、上記の悩みを一挙に解決してくれるため、SEO分野で活躍したいなら利用を検討すべきツールでしょう。

無料で利用する場合、検索数は3回までと非常に少ないです。

もし、本格的にUbersuggestを利用するのなら、1日100回検索できるパーソナルプラン以上を選びましょう。

【ツール⑥】キーワードファインダー

keywordfinder

画像引用:コンテンツSEOツール|キーワードファインダー

キーワードファインダー」も関連キーワードを見つけるのにおすすめのツールです。

キーワードの取得に加えて、キーワード順位やSEOスコアの評価によって、より効果的なキーワードを見つけることができます。

SEOに不慣れな方の場合は、キーワードを取得してもどう活かせばいいかわからない場合が多いです。

しかし、キーワードファインダーでは、流入してくれるキーワードがわかるからこそ、成果が出やすいともいえるでしょう。

そのため、的確にアクセスが期待できるキーワードを見つけて、効率のいいSEO対策を行いたい方にキーワードファインダーは最適です。

【ツール⑦】グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

画像引用:グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

関連キーワード取得に特化したツールが、「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」です。

関連キーワードのみ取得するため、余計な機能はいらないという方に最適なツールといえます。

また、キーワードはCSVで保存できるので、チームで情報共有や保存しておくのにも便利です。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツールを無料で使う場合は1日1回のみとなっています。

そのため、1日に何度も使う場合は

  • 1ヶ月:500円
  • 1年:1,000円
  • 永久利用:2,000円

以上のプランを利用しましょう。

【ツール⑧】TACT SEO

TACTSEO

画像引用:【SEOツール】キーワード選定や内部対策からコンテンツSEOまで対応|TACT SEO

TACT SEO」は関連キーワードの抽出の他にもSEOに関連する優れた機能を保有するツールです。

具体的には、自サイト・競合サイトの流入キーワード調査やグルーピング、指定キーワードの順位計測など豊富な機能があります。

関連キーワードをただ入れるのではなく、キーワードに対してユーザーがどのような情報を求めているのかも分析可能です。

大手企業が導入し、アクセス数や売上を上昇させた事例もあるので、信頼性に期待できます。

TACT SEOの導入を検討しているなら、まずは無料プランを試してみましょう。

関連キーワードの調べ方

関連キーワードは1つ1つGoogleの検索窓に入力し、検索結果の下部に表示されたワードを拾っていくのでは効率が悪いです。

効率よく関連キーワードを調べるなら、ツールを使うべきでしょう。

今回は、「ラッコキーワード」を参考に調べ方を解説します。

まず、ラッコキーワードを開いて、検索窓に調べたいキーワードを入力してください。

この際、キーワードは何語でも問題ありません。

  • SEO
  • SEO 対策
  • SEO 対策 やり方

ただし、3語以上になると当然検索ボリューム数が少なくなるため、関連キーワードが表示されない場合もあります。

多くとも2語以下に抑えておくと関連後の取得がしやすくなるので覚えておきましょう。

検索窓にキーワードを入力して虫眼鏡マークをクリックすると、関連キーワードが一覧で表示されるのがわかるはずです。

もし、リストに保存しておきたい場合は、画面右上にある「全キーワードコピー」か「CSVダウンロード」をクリックしましょう。

以上で、関連キーワードを調べられるので活用してみてください。

関連キーワードの削除

関連キーワードはユーザーのニーズを理解するため、コンテンツ制作には欠かせない機能です。

しかし、中には「店舗名 + 接客態度が悪い」「店舗名 + 詐欺」などのようにネガティブワードが表示されるケースもあります。

事実ではないにしても、上記のネガティブなワードを含む関連キーワードを見たユーザーへ、不信感などの悪影響を与える可能性もあるでしょう。

その際は、早急な対策が必要です。

1つは、Googleへ関連キーワードの削除申請をする方法があります。

Google側が、ネガティブワードに対して名誉毀損や事実誤認にあたると判断した場合は、該当する関連キーワードを削除してもらえます。

もう1つは、ポジティブなワードで表示されるように対策する方法です。

関連キーワードは、自身で削除をすることができないため、他のワードで埋め尽くされるようにするのが効果的な方法といえます。

まとめ

今回は、関連キーワードについて、SEO対策のポイントやおすすめの取得ツールについてご紹介しました。

関連キーワードは、ユーザーのニーズを探るのに効果的で、コンテンツ制作には欠かせない機能です。

ぜひ、ツールを活用して、狙っているキーワードに関連したキーワードを含めたユーザーのためになるコンテンツを作っていきましょう。

メディア事業を主体とするヒューワンズウェイでは、「クライアント様にとって売上貢献するためのSEO」を実現させます。

関連キーワードを意識した、ユーザーニーズに応えるSEO施策に取り組んでいます。

SEOにお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

この記事をシェアする

WEB広告・SEOを駆使した、集客実績をまとめております。ぜひご覧ください。