コラム

リスティング広告が向いている業種17選!活用方法や費用相場を紹介

コラム:2024年6月10日

アイキャッチ画像

リスティング広告は、「購入意欲の強いユーザーにピンポイントでアプローチしたいとき」や「獲得できるコンバージョンの数を増やしたいとき」などで役立つ広告媒体です。

リスティング広告が向いている業種や商品ジャンルを知っておけば、「自社の商材のPRに有効かどうか?」も判断できます。
「自社で運用するのか?」「外部のプロにまかせるか?」などもスピーディに判断できるでしょう。

本記事では、リスティング広告が向いている業種を17個紹介します。
また、リスティング広告を運用するための費用の相場や「自社運用か?代理店に依頼するか?」の判断基準なども紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

リスティング広告とは

グラフィックス1
リスティング広告(検索連動型広告)とは、検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに合わせて表示する広告です
検索エンジンの検索結果に表示されるWebコンテンツ一覧の上部に表示されます。

具体的な悩みやニーズを反映した語句・単語に合わせて広告を表示できるため、商品やサービスへの購買意欲が強いユーザーをピンポイントで狙えます。

ちなみに、日本の検索エンジンのシェアはGoogleが約7割Yahoo!Japanが約2割です。
検索エンジンのシェアはこの2社がほぼ独占しているため、リスティング広告を使うときはGoogle広告とYahoo!広告を利用することがほとんどです。

各媒体の特徴や、出稿するメリットなどは以下で解説していますのでご一読ください。

GoogleとYahoo!のリスティング広告の違いを比較

リスティング広告が向いている業種

この項目では、リスティング広告が向いている業種を5つのカテゴリに分けて紹介します。

 

【合わせて読みたい】
【リスティング広告】相性が良い商品・悪い商品の特徴と具体例を紹介

緊急性が高い業種

まずは、緊急性の高い業種について紹介します。

  • 歯科医院
  • 整骨院
  • 弁護士事務所

歯科医院

グラフィックス2
グラフィックス3
リスティング広告は、歯科医院の集客に効果的な広告媒体です。
理由のひとつは、「早く治療したい!」と望む、緊急性の高いユーザーに効率よくサービスを訴求できるからです。

具体的には、「○○駅周辺 歯医者」や「○○町 歯医者 すぐに治療」などのキーワードで検索するユーザーをピンポイントで狙えます。
このようなキーワードを検索するユーザーは「急いで治療して欲しい!」と切羽詰まっていることも多いので、広告を目にすれば来院する可能性は高いです。

特定の地域のユーザーにターゲットを絞って広告を配信するのも効果的です。
自院の所在地周辺の地名をキーワードにしてリスティング広告を配信すれば、近隣地域に住むユーザーを効率よく集客できます。

広告のクリック数や広告が見られた回数などもデータで確認できるので、費用対効果の高い運用を行えます。

整骨院

グラフィックス4
グラフィックス5
整骨院の集客でも、リスティング広告は有効です。
歯科医院と同様、緊急性の高いユーザーやニーズが高まっているユーザーに効率よくアプローチできるからです。

整骨院の場合、「具体的な施術内容を広告文に記載できない」という制限はあるものの、来院する可能性が高いユーザーに的を絞って訴求できるのは歯科医院と変わりません。

また、以前来院し、しばらく顔を見せていないユーザーに自院を思い出してもらうときにもリスティング広告は有効です。
整骨院も他の店舗ビジネスと同様、経営の安定のためにはリピーター獲得は欠かせません。

この他、クリック課金制(※1)なので費用対効果の高い運用ができること、運用データをもとにPDCAサイクルを回して広告効果を高められることもリスティング広告のメリットです。

※1「クリック課金制」
”広告がクリックされてはじめて料金が発生する。表示されるだけでは料金は発生しない。かかる料金はクリック単価で決まる”

弁護士事務所

グラフィックス6
グラフィックス7
リスティング広告は、弁護士を代表とする士業系事務所の集客とも相性が良いです。
士業系事務所を探しているユーザーも、歯科医院や整骨院と同様、「今すぐ相談に乗って欲しい!」と切羽詰まっているケースが多いからです。

「交通事故 示談 弁護士」や「近隣トラブル 弁護士」などのキーワードで広告を出稿すれば、依頼する確率の高いユーザーを効率よく集められるでしょう。

リスティング広告は、集客したい地域を指定しての出稿も可能なので、特定のエリアに限定して依頼者を集めることも可能です。

運用データではエリア別にクリック数やクリック率を確認できるので、反応の良い地域により多くの予算を使うなど、PDCAサイクルを回して広告パフォーマンスを向上させられます。

クリック課金制なので費用対効果も高く、広告費を必要以上に消費することもありません。

ニーズが明確な業種

この項目では、ニーズが明確な業種について紹介します。

  • 不動産賃貸・不動産売買・ハウスメーカー
  • ブライダル事業
  • 旅行代理店
  • ディーラー・中古販売

不動産賃貸・不動産売買・ハウスメーカー

グラフィックス8
グラフィックス9
リスティング広告は、不動産賃貸や売買を請け負う企業やハウスメーカーなどの集客にも最適の媒体です。
「新宿 2DK 女性一人暮らし」や「遊休地 土地活用」、「(地域)一戸建て 分譲」といったニーズにマッチしたキーワードで広告を表示できるからです。

賃貸業者なら物件を探している人が検索しそうなキーワードに、分譲マンションの販売業者ならマンション購入を検索している人が検索しそうなキーワードに広告を出稿します。
これにより、自社の売上につながりやすいユーザーを効率よく集められます。

リスティング広告は広告を表示させる曜日や時間帯、地域などの条件も設定できるので、自社の求める属性のユーザーをピンポイントで狙えます
「Google広告では年齢・性別を設定できてもYahoo!広告ではできない」という制限はありますが、設定する条件をうまく調整すれば、さらに効率よく集客できるでしょう。

この他、クリック課金制による費用対効果の高さ、運用成果をデータで確認することによるPDCAサイクルの回しやすさなどのメリットは他の業種と共通です。

ブライダル事業

グラフィックス10
グラフィックス11
リスティング広告は、ブライダル事業の集客でも効果を発揮します。

現在、結婚式関連でのニーズは多様化しており、挙式を地元で行うことにこだわらず遠方の地域やリゾート、海外で行うことを望む人も多いです。
「挙式を行わずにフォトウェディングだけで済ませたい」と考える人も少なくありません

このように、ブライダル事業のリスティング広告運用では訴求する地域を限定する必要はなく、自社が提供できるサービスに合わせて自由に広告を出稿できます。
ただ、自社の所在地に結婚に関連する有名な観光地やリゾートなどがある場合は、あえて地域を限定して広告を出稿するのも有効な戦略です。

今は挙式のスタイルも多様化しています。
リスティング広告で採用するキーワードやターゲティングで設定する条件をうまく調整すれば、多様化するユーザーのさまざまなニーズにこまかく対応できるでしょう。

旅行代理店

グラフィックス12
グラフィックス13
リスティング広告は、旅行代理店の集客にも有効です。
不動産関連業と同様、自社が扱う旅行商品にニーズを感じやすいユーザーに効率よくターゲティングできるからです。

旅行商品に合わせて「女子旅 5人」や「4人家族 温泉」、「ペットと泊まれる宿」などのキーワードで広告を出稿すれば、それぞれの商品にマッチしたユーザーを集客できます。

運用データを分析して傾向を把握し、「若い女性向けに最適化した広告運用」「高齢者向けの団体旅行商品に最適化した広告運用」などもできます。

季節やトレンドごとに変わる旅行の楽しさを効果的に訴求できるのも、リスティング広告のメリットです。
リスティング広告の内容は随時変更できるので、新しい季節やトレンドの訪れに合わせたプロモーションが可能です。

ディーラー・中古販売

グラフィックス14
グラフィックス15
リスティング広告は、ディーラー・中古車販売業界の集客でも効果を発揮します。
今の車業界で深刻化している「若者の車離れ」に対応しやすいからです。

リスティング広告などのWeb広告は、インターネットに馴染んだ若者ほど目にする機会が多いです。
車の購入を検討する若者が減少傾向にあるからこそ、来店の可能性や購入の可能性の高いユーザーに対して、効率よく広告を届けることが重要になります。

また、リスティング広告のクリック課金制という性質上、低コストかつ広告費が無駄になりにくい点もメリットです。
広告出稿後の運用成果をもとにしたPDCAサイクルによる改善も行いやすいので、費用対効果も高められます。

エリアが明確な業種

この項目では、エリアが明確な業種について紹介します。

  • レンタカー
  • 引っ越し業者
  • ヨガ教室
  • スポーツジム

レンタカー

グラフィックス16
グラフィックス17
リスティング広告は、レンタカー事業の集客においても効果的な広告媒体です。
広告を出稿するキーワードを工夫すれば、レンタカーの利用を検討するユーザーを効率よく集客できるからです。

例えば「那覇市 レンタカー」や「北海道 レンタカー」「(地域)(車種)レンタカー」など、レンタカーを利用する可能性が高い旅行者を狙っての広告出稿が効果的です。

交通機関があまり発達していない地域に出張で訪れたビジネスパーソンを狙って、「○○市 レンタカー」「○○駅前 レンタカー」などのキーワードでの出稿も有効でしょう。

キーワードだけでなく、ターゲティング設定で特定の地域だけに広告を出稿すれば、出張前のビジネスパーソンによるレンタカーの利用予約も獲得できます。

費用対効果の高い運用として、ターゲティング設定で「55歳以上のユーザーを広告配信対象から除外する」といった設定も有効です。
自社のお客さんになり得ない属性のユーザーをあらかじめ除外しておけば、広告費を浪費せずに済みます。

引っ越し業者

グラフィックス18
グラフィックス19
リスティング広告は、引っ越し業者の集客でも有効活用できます。
年齢や性別、居住地域、引っ越し先の地域などの属性情報を設定することで、広告の配信対象ユーザーを絞り込むことが可能です。
これにより、引っ越しサービスの利用を検討しているユーザーにピンポイントでアプローチできます。

引っ越しを考えているユーザーは、複数の業者から見積もりを取って自分にもっともメリットがある業者に依頼します。
リスティング広告で自社のランディングページに多くのユーザーを誘導できれば、早い段階でユーザーの候補に入ることもできるでしょう。

そのためには「リスティング広告→ランディングページ」というスムーズな動線と、ユーザーがメリットを感じる魅力的なランディングページを用意することが重要です。

その他、引っ越し業界特有の繁忙期と閑散期に合わせて、かける広告費の額を調整することも費用対効果の高い運用には欠かせません

ヨガ教室

グラフィックス20
グラフィックス21
リスティング広告は、ヨガ教室の集客でも効果を発揮します。
「ヨガ教室 初心者歓迎」「ヨガ教室 体験教室」などのキーワードで出稿すれば、ヨガ教室の利用を検討しているユーザーに効率よくアプローチできるからです。

また、「○○市 ヨガ教室」や「○○駅前 ヨガ教室」などのキーワードでの出稿も効果的です。
実店舗を運営しているヨガ教室は教室まで通ってもらう必要があるため、店舗に近いエリアに住むユーザーに絞り込んで広告を表示すれば、ニーズの高いユーザーを集められます

オンラインでのヨガレッスンの集客においても、「オンライン ヨガレッスン」や「オンライン ヨガ おすすめ」などのキーワードでの広告出稿が有効です。
「教室まで通うのが面倒なので、すべてをオンラインで済ませたい」というユーザーも少なくないので、実店舗の集客と併せて行うとより大きな効果が期待できます。

スポーツジム

グラフィックス22
グラフィックス23
リスティング広告は、スポーツジムの集客にも効果的です。
ヨガ教室と同様、スポーツジムの利用を検討しているユーザーが検索しそうなキーワードや、自社ジムの周辺地域をターゲティングした広告の出稿がおすすめです。

また、スポーツジムは年齢や性別によってニーズが異なり、通うのに都合のいい時間帯も職業によって異なります。
主婦やOL、営業マンや夜勤勤務者など、集客したいユーザーの属性に合わせて広告を出稿する曜日や時間、キーワードを最適化すればより効率よく集客できるでしょう。

「ダイエットが目的なのか」「本格的に筋力トレーニングを行いたいのか」などのニーズによってキーワードやターゲティング設定の条件を変えるのもおすすめです。

女性を中心に集客したいなら、ターゲティング設定で「男性ユーザーを除外する」といった運用もできます。

ユーザー属性が明確な業種

この項目では、ユーザー属性が明確な業種について紹介します。

  • 保険代理店
  • リフォーム事業
  • 求人・人材紹介事業

保険代理店

グラフィックス24
グラフィックス25
リスティング広告は、保険代理店の集客にも有効です。

近年の保険代理店は、インターネットで契約が完結する「ダイレクト型保険」やユーザーが店舗に足を運ぶ「店舗型保険代理店」など、業態が多種多様になっています

リスティング広告は、どちらの業態の集客でも効果を発揮します。

ダイレクト型保険の加入を検討するユーザー、店舗での相談を望むユーザーそれぞれが検索しそうなキーワードで広告を出稿すれば、効率の良い集客が可能です。

キーワードでは「25歳 女性 保険」や「4人家族 医療保険」などが考えられます。
店舗型代理店への来店を促すターゲティングでは、エリアや家族構成などの条件設定が有効です

リスティング広告によってインターネットから集客できれば、電話やメールでのリアルタイムな対応も不要になり、人件費の削減にもつながります。

リフォーム事業

グラフィックス26
グラフィックス27
リスティング広告は、リフォーム事業の集客でも効果を発揮します。

リフォーム事業では「リフォーム リビング」や「リフォーム 階段 手すり」など、ユーザーの具体的なニーズに合わせたキーワードでの広告出稿が有効です。
「リフォーム 東京 江東区」など、自社が対応できる地域や集客に力を入れたい地域に限定するのもいいでしょう。

他の業種と同様、ターゲットの年齢や性別、居住地域をターゲティング設定で詳細に設定したり、除外したい年齢や居住地域を設定したりすれば効率よく集客できます。

リフォーム事業では、特に年齢でターゲティング設定するのがおすすめです。
中でも、20~30代に家やマンションを購入し、「そろそろリフォームでも」と考え出す50代が狙い目です。

求人・人材紹介事業

グラフィックス28
グラフィックス29
リスティング広告は、求人・人材紹介事業の集客にも適しています。

「20代 転職」や「30代 転職」、「30代 ハイクラス 転職」「40代 管理職 転職」などのキーワードで求職ニーズの高いユーザーに広告を届けられます
また、キーワードに「エンジニア」や「デザイナー」、「MR(※2)」など、職種名をそのままキーワードに用いるのも効果的です。

※2「MR」
”医薬情報担当者の略。製薬会社などに勤務する営業マン”

特定の業界名や業種名をキーワードに含めるのも、大きな効果が期待できます。

求職者や転職希望者は、生活やキャリア実現のために積極的に情報を集める傾向にあるので、キーワード次第で意欲の高いユーザーに効率よくアプローチできるでしょう。

人材紹介で自社が強みを持つ特別な地域があるなら、その地域をターゲティング設定するのも有効な手法です。

SEOでの上位表示が難しい業種

この項目では、SEOでの上位表示が難しい業種について紹介します。

  • 脱毛サロン・エステ
  • 健康食品
  • 通販

脱毛サロン・エステ

グラフィックス30
グラフィックス31
リスティング広告は、脱毛サロンやエステサロンの集客でも有効な広告手段です。

脱毛サロンやエステ業界は、SEOにおける競合が非常に強力であるため、自社のWebコンテンツを検索上位に表示させることは難しいことが多いです。
しかしリスティング広告を活用すれば、自社の広告をコンテンツの検索結果の上に表示させられます

「(部位)脱毛」や「(部位)エステ」、「20代 エステ 必要」などのキーワードで広告を出稿すれば、ニーズの高いユーザーに効率よくアプローチできるでしょう。

また、他の店舗型の業種と同様、自店舗の周辺地域や最寄駅、自社のターゲットの年齢や性別などでターゲティングしても効率よく集客できます

健康食品

グラフィックス32
グラフィックス33
リスティング広告は、健康食品業界の集客にも効果を発揮します。

健康食品に関心が高いユーザーは検索エンジンで積極的にリサーチする傾向にあります
そのため、ユーザーが検索しやすいキーワードでリスティング広告を出稿すれば、効率よく集客できるでしょう。

すでに健康食品に対する購買意欲も高まっているため、含まれる栄養やメリットに納得できれば、すぐにでも購入してくれます。

ただ、健康食品のリスティング広告では、広告文の内容に気を付ける必要があります。
健康食品の広告文では、「医薬品的な効能効果を暗示する表現」を使うと無承認無許可の医薬品の広告とみなされて薬機法(※3)違反になるので注意してください

※3「薬機法」
” 医薬品などの製造・販売に関するルールを定め、保健衛生の向上を図ることを目的とした法律。 再生医療等製品の製造・販売などに関する規制が定められており、 該当する商品を製造・販売する事業者は薬機法の規制を遵守する必要がある”

通販

グラフィックス34
グラフィックス35
リスティング広告は、通販業界と相性の良い広告媒体です。

現代の通販は、ほとんどがインターネット上のショップサイトで商品を販売しており、ネット広告であるリスティング広告を通じて、ユーザーが自然にショップを訪れることが期待できます

検索エンジンでは、ユーザーが欲しい商品の名称やジャンルなどで検索すると、その商品を扱うショップサイトが検索画面に表示されます。しかし、多くの通販サイトが存在するため、自社のサイトが埋もれてしまうこともあります。
そこで、リスティング広告を出稿し、競合サイトよりも上位に表示されるようになれば、ユーザーの目に留まるようになります

通販業界のリスティング広告も、他の業種と同様、自社ECサイトのターゲットの年齢や性別を条件に設定してターゲティングするのが有効です。
また、除外したいユーザーの属性情報を設定して、運用の費用対効果を高められます。

予算の配分についても、新商品のPRには多めに予算を割き、それ以外の商品のPR予算を抑えるといった運用も効果的です。

Google・Yahoo!の広告掲載ポリシーについて

この項目では、Google広告とYahoo!広告、それぞれの広告掲載ポリシーによって広告の出稿を制限される業種について紹介します。

  • Google広告
  • Yahoo!広告

Google広告

Google広告では、広告を出稿できない商品やサービスが明確に定められています

主な例を挙げると以下のとおりです。

  • 人を欺く商品・サービス(偽造文書の作成、相手をだます仲介業、受験などの代行サービスも含まれる)
  • システムやデバイスへの不正アクセスを可能にする商品・サービス(レーダーの妨害、電話の盗聴、ハッキングなど)
  • 本人の許可なく個人の活動を追跡・モニタリングできる商品・サービス(GPSトラッカーやスパイカメラ、音声レコーダー、ドライブレコーダーなど)

上記のような商品・サービスは、倫理的、法的問題を引き起こす可能性があるため制限されています。
これらの制限を無視して広告を出稿すると、広告出稿の停止やアカウントの停止処分を受ける危険性があります。

参照:Google広告ポリシー ヘルプ

Yahoo!広告

Yahoo!広告もGoogle広告と同様、広告ポリシーによって出稿を禁止する商品やサービスを定めています

主な内容は以下のとおりです。

  • 法令違反またはそのおそれがあるもの
  • 社会規範や公序良俗に反するもの、他人の権利を侵害する可能性のあるもの

上記の内容について、いくつか例を挙げると以下のとおりです。

  • 他人を誹謗中傷、名誉を毀損するもの
  • 著作権や商標権を侵害するもの
  • 商品やサービスの内容が不明確なもの
  • 国内での承認がない医薬品や医療機器

上記の制限に違反すると、Google広告同様、広告出稿停止やアカウント停止処分を受ける可能性があります

参照:Yahoo!広告ヘルプ 掲載できない広告

リスティング広告の費用相場は?

リスティング広告の費用相場はPRする商品やサービス、競合の強さなどによって異なります

リスティング広告を提供している媒体は、広告出稿に必要な最低金額を設定していません。
そのため、自社のターゲットや運用上の目的から逆算して予算額を決めるのが一般的です。

一般的な企業による運用では、月額30~50万円程度が費用の相場です。
ただ、リスティング広告を広告運用の中核に据えている大企業であれば、月に数千万~数億かけるケースもあります。

逆に資本力にとぼしい個人事業主や小規模企業では、月に1万円、日割りで300円程度から運用を始めて様子を見るケースが多いです。

【あわせて読みたい】
リスティング広告費用の相場・目安とは?費用対効果を高める方法も解説

「自社運用」と「代理店運用」のメリット・デメリット

この項目では、リスティング広告を自社運用する場合と、代理店に運用をまかせた場合それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

  • 自社で運用するメリット・デメリット
  • 代理店で運用するメリット・デメリット

自社で運用するメリット・デメリット

リスティング広告を自社で運用する主なメリットは、広告運用やマーケティング関連の知識・ノウハウを社内に蓄積できることです。
これにより、成果につながる広告クリエイティブの作成方法や広告運用に欠かせない戦略立案の経験値が貯まっていきます。

デメリットは、運用に必要な人材の採用と育成にかかる時間とコストが重いことです。
ノウハウがまったくない状態であれば、一定の経験や知識を蓄積できるまで我慢の期間が続きます。

また、獲得したノウハウや知識を他の社員と共有できるよう言語化やマニュアル化しておくことも大切です。
これにより、知識やノウハウの属人化を防げます。

代理店で運用するメリット・デメリット

リスティング広告の運用を代理店にまかせるメリットは、代理店の専門知識やノウハウを自社の集客や売上のために使えることです。
プロしか知り得ない最新の情報も活用しつつ、効率よくリスティング広告を運用してくれるので、短期間で成果が出る可能性が高くなります。

依頼する側は代理店に運用を丸ごとまかせられるので、自社の全リソースを本業に注力できます。
運用担当者を採用したり、教育したりする必要もありません。

デメリットは、社内で広告運用のノウハウを蓄積できないこと、自社運用とくらべてさまざまな対応がワンテンポ遅れることなどが挙げられます。

また、実際の広告費に加えて代理店への手数料が発生するため、自社運用とくらべて運用コストが重くなることもデメリットです。
各代理店は、リスティング広告の運用代行を請け負うときの「最低出稿金額」を設定していることが多く、額も100万円以上に設定しているケースが一般的です。

広告代理店で運用するメリット・デメリットについては以下の記事でも詳しく解説していますので、ご一読ください。

広告代理店に依頼するメリット・デメリットは?選び方のポイントも解説

代理店に依頼すべきかを悩んだ際の判断基準

グラフィックス36
この項目では、リスティング広告を自社で運用するか、代理店にまかせるかを悩んだときの判断基準について紹介します。

  • 自社にノウハウがある場合
  • 自社にノウハウがない場合

自社にノウハウがある場合

自社に運用ノウハウがある企業は、ぜひ一度、自社で運用することをおすすめします。
一度、自社での広告運用を経験しておけば、広告文やランディングページの作成プロセス、日々の入札額調整の難易度などを実感できます。

自社の広告運用上の課題も見えてくるでしょう。

「このまま自社で運用すべきか?」「代理店に依頼すべきか?」の判断もつきやすくなります。

「ノウハウに不安はあるが、自社運用を試してみたい」という場合は、各広告媒体のヘルプページなどを参照しつつ、伴走型のコンサルティングを利用するのがおすすめです。

代理店を「広告運用の相談役」として活用する形態で、運用手順のレクチャーや作業後の確認などを頼めるため、自社でノウハウを蓄積しつつ取り組めます。

代理店を「広告運用のインストラクター」として雇うと考えればイメージしやすいでしょう。

自社にノウハウがない場合

自社に運用ノウハウがない場合は、以下の3つの選択肢が考えられます

  • しばらく我慢の期間と割り切ってゼロから自社で広告運用を始める
  • 代理店にコンサルティングしてもらいながら自社で運用を始める
  • 広告運用のすべてを代理店にまかせる

まったくノウハウのない状態での自社運用は運用プロセスが試行錯誤の連続になり、「何が正解で、何が正解でないかもわからない状況」になるので積極的におすすめできません。
最低でも、代理店に伴走型のコンサルティングを依頼してプロのサポートを受けられる環境を整えた上での自社運用をおすすめします。

「時間をかけず、最短で広告運用の成果を得たい」と考えるなら、やはりすべてを代理店にまかせるのが近道です。
広告運用の最適解を知るプロが、豊富な知識とノウハウを駆使してリスティング広告を運用すれば、短い期間で成果を出せる可能性は高くなります。

【あわせて読みたい】
リスティング広告代理店の選び方:ポイントや注意点を解説

自社の業種がリスティング広告と相性がいいかどうか見極める

リスティング広告との相性がいい業種には、「ニーズやエリア、ユーザー属性などが明確で、SEOでの競合が強い」という特徴があります

本記事で紹介した業種以外でも同様の特徴を持つ業種があるので、自社の業種が当てはまっているかどうかを検討してみましょう。

検討の結果、相性がいいか判断がつかなかったり、相性が良くても自社に運用ノウハウがなかったりする場合は代理店を活用するのがおすすめです。

  • 自社の業種はリスティング広告と相性がいいのか?
  • ノウハウがない場合、コンサルティングを依頼するべきか?運用をすべてまかせるべきか?
  • 自社の業種がリスティング広告と相性が悪いなら、相性のいい広告媒体は何なのか?

弊社にお問い合わせいただければ、上記の疑問について的確なアドバイスをさせていただきます。
アドバイスを聞いた上で、「自社運用にするか?」「代理店を利用するか?」を判断していただけたらと思います。

弊社は最低出稿金額を「月額50万円~」と設定しているので、他社とくらべてコストパフォーマンスに優れているのが特長です。

集客実績も公開していますので、お気軽にお問合せください。

問い合わせボタン

 

この記事をシェアする

WEB広告・SEOを駆使した、集客実績をまとめております。ぜひご覧ください。