コラム

【おすすめ7選】化粧品業界に強い広告代理店|見極め方も解説

コラム:2024年6月24日

アイキャッチ画像

広告代理店には、それぞれ得意な業界や実績を豊富に持つジャンルがあります。
同じ業界やジャンルの広告運用を手掛ければ手掛けるほど、実績・ノウハウ・知識が積み上がっていきます。

化粧品業界に強い広告代理店を探すときも、「化粧品業界の広告運用に長く関わっている代理店」を見つけることが重要です。

本記事では、化粧品業界に強い広告代理店の特徴と代表的な代理店を7社紹介します。
また、代理店を利用した広告運用で失敗しないためのポイントや、広告代理店の実力を見極める方法なども解説しますので、ぜひ参考にしてください。

化粧品業界に強い代理店の特徴は?

グラフィックス1

この項目では、化粧品業界に強い代理店の特徴について紹介します。

  • 薬機法・景品表示法に詳しい
  • 化粧品の広告運用実績が豊富
  • A/Bテストの分析が得意

薬機法・景品表示法に詳しい

化粧品業界に強い代理店は、化粧品販売の広告運用に密接に関係してくる薬機法・景品表示法に精通しています
この2つの法律を知らずして、化粧品販売の広告は出せないといっても過言ではありません。

薬機法は、 医薬品等の製造や販売などのルールを定めて保健衛生の向上を目指す法律です。
再生医療等製品の製造・販売などに関する規制が定められています。
これらの商品を製造・販売する事業者は、薬機法の規制を遵守する必要があります。

薬機法の一部を抜粋すると以下のとおりです。


『第十章 医薬品等の広告

(誇大広告等)
第六十六条
何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。
2 医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の効能、効果又は性能について、医師その他の者がこれを保証したものと誤解されるおそれがある記事を広告し、記述し、又は流布することは、前項に該当するものとする。
3 何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品に関して堕胎を暗示し、又はわいせつにわたる文書又は図画を用いてはならない。

(特定疾病用の医薬品及び再生医療等製品の広告の制限)
第六十七条
政令で定めるがんその他の特殊疾病に使用されることが目的とされている医薬品又は再生医療等製品であつて、医師又は歯科医師の指導の下に使用されるのでなければ危害を生ずるおそれが特に大きいものについては、厚生労働省令で、医薬品又は再生医療等製品を指定し、その医薬品又は再生医療等製品に関する広告につき、医薬関係者以外の一般人を対象とする広告方法を制限する等、当該医薬品又は再生医療等製品の適正な使用の確保のために必要な措置を定めることができる。
2 厚生労働大臣は、前項に規定する特殊疾病を定める政令について、その制定又は改廃に関する閣議を求めるには、あらかじめ、薬事・食品衛生審議会の意見を聴かなければならない。ただし、薬事・食品衛生審議会が軽微な事項と認めるものについては、この限りでない。

(承認前の医薬品、医療機器及び再生医療等製品等の広告の禁止)
第六十八条
何人も、第十四条第一項、第二十三条の二の五第一項若しくは第二十三条の二の二十三第一項に規定する医薬品若しくは医療機器又は再生医療等製品であつて、まだ第十四条第一項、第十九条の二第一項、第二十三条の二の五第一項、第二十三条の二の十七第一項、第二十三条の二十五第一項若しくは第二十三条の三十七第一項の承認又は第二十三条の二の二十三第一項の認証を受けていないものについて、その名称、製造方法、効能、効果又は性能に関する広告をしてはならない。』

抜粋元:広告における薬機法について


上記の内容に違反した場合、製造業者や販売業者だけでなく、その広告に関わるすべての人が責任を問われる可能性があります。

景品表示法は、商品やサービスの品質や価格を実状よりも優良又は有利だと誤認させることを禁止する法律です。
誤認させる表示を「不当表示」といいます。

不当表示には以下の種類があります。

  • 優良誤認表示(商品・サービスの品質、企画、その他の内容に関するもの)
  • 有利誤認表示(商品・サービスの価格、その他の取引条件に関する不当表示)
  • その他誤認されるおそれのある表示(消費者に誤認される可能性があると内閣総理大臣が指定する不当表示)

参照:景品表示法 不当な表示の禁止

化粧品の広告に関する規制については、他の商材とくらべて特に厳しくなっていることに注意が必要です。
「誇大広告の禁止」「不当な表示の禁止」などに違反すると、行政処分や懲役、罰金などが科される可能性があります。

参考:「化粧品」・「健康食品」・「健康器具」の 広告に関連する掲載基準と具体事例(Yahoo!Japan)

化粧品の広告運用実績が豊富

化粧品業界に強い代理店は、化粧品業界に最適化した広告運用のノウハウや知識を持っています
これは長年にわたる、化粧品業界での広告運用で積み上げてきた実績によるものです。

豊富で確かな実績に裏打ちされたノウハウや知識は、広告クリエイティブ制作などの現場で最適解を導き出しやすくなります。

トラブルやアクシデントに遭遇した経験も豊富なため、運用中に問題が起こっても動じることなく適切に対応できます。

化粧品の広告運用実績が豊富な代理店に依頼すると、ノウハウ・経験を存分に活かしてくれるので、クライアント企業が目標とする成果を最短で出すことが可能です。

A/Bテストの分析が得意

化粧品業界の広告運用では、A/Bテストによるキャッチコピーや価格、ビジュアルの調整といった地道なブラッシュアップが重要になります。
化粧品の広告は、出稿当初のクリエイティブの反応が悪くても、要素をひとつ変更するだけで反応が劇的に変化する可能性があるからです。

これは、成功している他社の広告要素を取り入れるときも同様です。
他社の成功事例が自社の広告にマッチするかどうかは、A/Bテストで実際に試してみないとわかりません。

これらのことから、化粧品の広告にはABテストが必要不可欠といえます。

【おすすめ7選】化粧品業界に強い代理店

この項目では、化粧品業界に強い代理店を7社紹介します。

Web広告なら!「株式会社Hew One’s Way(ヒューワンズウェイ)」

弊社トップページ

1社目は弊社「株式会社Hew One’s Way(ヒューワンズウェイ)」です。

リスティング広告を中心にWeb広告の運用代行やコンサルティングを行っております。

「顧客と伴走し、集客にコミットする」をモットーに、多くの広告費を使うことをゴールとせず、広告による集客でお客様の売上を最大化することを目指します。

グラフィックス2

上記データは、化粧品業界の運用実績です。開始当初から右肩上がりにコンバージョン(商品購入)を獲得しつつ、コンバージョン単価を低く保っています。これは、広告運用に関わる豊富な知識とノウハウを持ち、化粧品業界を深く理解する弊社だからこそ出せる成果です。

弊社では、主にリスティング広告を得意としており、化粧品業界の運用実績が豊富です。

  • コンバージョン獲得数が伸びないのが悩みだが、打開策が思いつかない
  • コンバージョン獲得数は悪くないが、その分、コンバージョン単価が高過ぎるのが悩み

上記のような課題を持っているなら、ぜひ弊社にお声がけください。

弊社では、月50万程度からご相談を承っております。

行っている広告事業
リスティング広告・SNS広告・動画広告などWeb広告全般
所在地
〒101‐0048 東京都千代田区神田司町2-16 佐一第二ビル4階
公式サイト
https://how-inc.co.jp

Hew One’s Way が選ばれる理由

ファッション広告なら!「株式会社サンワードメディア」

グラフィックス3
画像出典:株式会社サンワードメディア

「株式会社サンワードメディア」は、ファッション広告(※1)に強みを持つ代理店です。

※1「ファッション広告」
”ファッションの着こなしなどをSNSにアップし、多くのフォロワーを獲得しているインフルエンサーやブロガー、プロのモデルなどを起用する広告”

モデルとなる最適な人物のキャスティングから撮影までを一気通貫で対応してくれます。
広告配信する媒体も、テレビCMや雑誌といった旧来の媒体から、X(旧Twitter)やInstagram、YouTube、TikTokなど、各種SNSまで対応しています。

豊富な実績とノウハウをもとに、依頼者の扱う商品や要望に合った最適な広告媒体を提案してくれるでしょう。

【基本情報】

  • 住所:〒107-0062 東京都港区南青山6-11-1 スリーエフ南青山ビルディング3階
  • 設立:1994年
  • 公式サイト:https://www.sunwardmedia.co.jp/

丸投げするなら!「株式会社グラッドキューブ」

グラフィックス4
画像出典:株式会社グラッドキューブ

「株式会社グラッドキューブ」は、コスメ業界のプロモーションに関するノウハウや知識が豊富な代理店です。

200社以上の支援を行った実績と、Webサイト・広告クリエイティブ制作から実際の運用・分析・改善まで、ワンストップで対応してくれます。

「広告運用のはじめから終わりまで」を一貫してサポートしてくれるので、広告運用やマーケティングに初めて取り組む企業様も安心です。

【基本情報】

  • 住所:〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル 8F
  • 設立:2007年
  • 従業員数:98名
  • 公式サイト:https://corp.glad-cube.com/

コンサルティングなら!「株式会社クリームチームマーケティング合同会社」

グラフィックス5
画像出典:株式会社クリームチームマーケティング合同会社

「株式会社クリームチームマーケティング合同会社」は、化粧品の通販市場と健康食品市場を主戦場としている代理店です。

依頼主の現状分析からボトルネックとなる部分を発見し、これをもとに戦略立案から施策の実行までワンストップで支援してくれます。

施策を実行するコンサルタントやデザイナー、ライターなどはすべて業界歴10年以上のキャリアを持っており、依頼主に合わせて最適なチームを組んでくれます。

自社化粧品のオンライン販売に課題や悩みを持つ企業様にうってつけの代理店です。

【基本情報】

  • 住所:〒150-0031 住所:東京都 渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 7F
  • 設立:2006年
  • 公式サイト:https://creamteam.jp/company/

SNSマーケティングなら!「株式会社PA Communication(ピーエーコミュニケーション)」

グラフィックス6
画像出典:株式会社PA Communication

「株式会社PA Communication(ピーエーコミュニケーション)」は、広告主のブランドの魅力を最大限まで引き出してくれる代理店です。

対応できるジャンルは美容業界の他、ファッション、音楽などです。

デジタルを最大限活用したユーザーとのコミュニケーション戦略をもとに、採用するSNSの選定やインフルエンサーの起用、施策の実行まで対応してくれます。

「商品やブランドの魅力の最大化」を実現できるような、プランを提案してくれる代理店です。

【基本情報】

  • 住所:〒151-0051 東京都 渋谷区千駄ケ谷5-1?11 IVY WORKS 3F
  • 設立:1997年
  • 従業員数:23名
  • 公式サイト:https://www.pa-c.co.jp/

クリエイティブなら!「株式会社ブルズアイコミュニケーションズ」

グラフィック7
画像出典:株式会社ブルズアイコミュニケーションズ

「株式会社ブルズアイコミュニケーションズ」は、大手広告代理店や美容業界、アパレル業界などで知識やノウハウを磨いてきた優秀なスタッフが在籍する代理店です。

それぞれが持つ豊富な経験を活かした、効果的な広告運用が期待できます。

クリエイティブ制作は優秀な制作チームと連携して行うため、画像や動画のクオリティも総じて高めです。

経験豊富なスタッフによる運用と、高品質なクリエイティブの提供を希望する企業様におすすめの代理店です。

【基本情報】

  • 住所:〒104-0042 東京都中央区入船2-3-7 築地エー・アイ・ユービル 7F
  • 設立:2005年
  • 従業員数:15名
  • 公式サイト:http://www.bullseyecom.co.jp/

テレビPRなら!「株式会社ワールドワイドピーアール」

グラフィックス8
画像出典:株式会社ワールドワイドピーアール

「株式会社ワールドワイドピーアール」は、メディアプランニング(※2)や広告運用、パブリックリレーションズ(※3)の企画・運営を扱う代理店です。

※2「メディアプランニング」
”広告主がターゲットに効率よく広告を届けるために、出稿する媒体や出稿タイミング、クリエイティブの作成などを計画すること”

※3「パブリックリレーションズ」
”組織とその周囲の存在(個人・集団)と望ましい関係を創り出すための考え方と行動。広告のように短期的な効果ではなく、ユーザーを自社のファンにして長期的な売上獲得を目指す”

化粧品業界での実績については、大手化粧品メーカーの商品PRや新商品のローンチPRなどを手掛けています。

スタッフ一人ひとりが特定の分野のスペシャリストであり、テレビでのPR露出率、イベント誘致数なども国内トップクラスです。

【基本情報】

  • 住所:〒150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 住友不動産渋谷ファーストタワー
  • 設立:2009年
  • 公式サイト:https://tvpr.co.jp

化粧品業界とWeb広告は相性が良い

化粧品業界とWeb広告は、非常に相性が良いとされています。
ユーザーがその化粧品を気に入れば、「愛用の化粧品」としてリピート購入される確率が高くなるからです
同じユーザーに定期購入されれば、仮に単価が低い商品であっても十分な利益が見込めます。

化粧品を求めるユーザーは、日頃のメイク活動によって自分のニーズや悩みを明確に持っているケースが多いので、リスティング広告と特に相性が良いといえます。

リピート購入を促す場合でも、リターゲティング広告によって自社サイトで商品を購入してくれたユーザーに対し、「あなたにはこの商品もおすすめです」と働きかけられます。
この施策の実行によってリピート購入だけでなく、アップセルやクロスセルも狙えるので、ユーザーのニーズにマッチした運用を行えばさらに売上を伸ばせるでしょう。

広告運用で失敗しないためのポイント

この項目では、広告運用で失敗しないためのポイントを紹介します。

  • 各広告代理店の得意分野を見極める
  • 成果を急がずにPDCAを回す

各広告代理店の得意分野を見極める

広告運用で成果を出すには、依頼する代理店の得意分野を見極めることが大切です。

Web広告を運用する代理店では、1つの業界・業種、1つの広告媒体などに特化している会社も多いです。
特化とまではいかなくとも、化粧品業界に強みを持つ代理店であれば、豊富な知識や磨き上げられたノウハウによって短い期間で成果を出すことも可能になります。

コンバージョン獲得数のアップと同時に、コンバージョン単価を下げるという費用対効果の高い運用も期待できるでしょう。

自社に合った代理店を選ぶには、複数の代理店をピックアップし、それぞれの得意分野を比較して検討することが大切です。

成果を急がずにPDCAを回す

広告運用で失敗を避けるためには、性急に結果を求めず、成果が出るまでPDCA(※4)サイクルを回し続けることも重要になります。

※4「PDCA」
”Plan(計画)、Do(実行)、Check(測定・評価)、Action(対策・改善)の仮説・検証のプロセスを循環させて成功に近づけるという概念。この一連のプロセスを繰り返して事業やマーケティングの成功を狙うことを「PDCAサイクルを回す」という”

広告運用において、最初に出稿した広告がそのまま大きな成果につながることは稀です。
トレンドや市場の状況、競合の施策などの影響により、自社の広告運用が最適であっても成果につながらないケースがあるからです。

そのため、ほとんどの場合、広告文やランディングページの最適化、予算配分の調整などを少しずつ行って成果が出る形に仕上げていきます。

「広告運用で成果が出るには一定の時間が必要」と認識し、代理店に依頼したからといって焦ることなく、最低でも3ヶ月は結果を見守ることをおすすめします。

化粧品業界に強い広告代理店かどうかを確認する方法

この項目では、依頼を検討している代理店が「化粧品業界に強いかどうか?」を確認する方法について紹介します。

  • 集客実績を確認する
  • 打ち合わせで過去の運用経験を聞く

集客実績を確認する

代理店が化粧品業界に強いかどうかは、「化粧品業界での集客実績があるかどうか」でわかります。

そのため、「公式サイトに化粧品業界の集客事例が紹介されているか?」や、契約前の打ち合わせで「アピールできる成功事例はあるか?」などを確認することが重要です。

実績が多ければ多いほど知識やノウハウも豊富と判断できるので、これらの情報をもとに、代理店の化粧品業界での広告運用レベルを判断しましょう。

打ち合わせで過去の運用経験を聞く

代理店が化粧品業界に強いかどうかは、「担当者の運用経験の豊富さ」も重要になってきます。
そのため、打ち合わせなどで担当者のスキルや自社との相性、対応の丁寧さなどをチェックしましょう。

特に、契約前の打ち合わせを担当する人と実際の運用担当者が異なる場合は注意が必要です。
「営業担当は優秀なのに、実際の運用担当のスキルや人柄がいまいち」という例も少なくないため、必ず「運用担当のノウハウや実績」を確認しましょう。

クライアントが信頼できるレベルのスタッフを担当に付けてくれる代理店であれば、短期間で成果につながる広告運用が期待できます。

まとめ

化粧品販売に関する広告運用を代理店に依頼するときは、化粧品業界でしっかり実績を出せる会社を選ぶことが重要です。
そういった意味では、本記事で紹介した7社の代理店は信頼がおけます。

代理店への依頼を検討するときは、候補を1社に絞らず複数の代理店をピックアップし、「どの代理店が一番、自社のニーズを満たしてくれるか?」を確認しましょう。

  • コンバージョン獲得数が伸びない。思いつく打開策を講じたが無駄に終わった
  • コンバージョン獲得数に不満はないが、コンバージョン単価の高騰に悩んでいる

もし、上記のような悩みや課題を抱えていらっしゃるなら弊社へのご相談がおすすめです。
御社の状況や要望、悩みなどをお伺いし、御社が費用対効果の高い運用を行うために必要となる運用プランを提案いたします。

「コンバージョンは右肩上がり、コンバージョン単価は一定で低いまま」という広告運用における理想の状態に近づくために、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合せはこちら>

この記事をシェアする

この記事を監修した人

株式会社Hew One’s Way(ヒューワンズウェイ)のマーケティング部

WEB広告・SEOを駆使した、集客実績をまとめております。ぜひご覧ください。