SEO対策会社の選び方:選定時のポイント・注意点等を解説

seo対策会社 選び方

SEO対策を行う際に、社内にSEOに関する知識を持った社員がいなければ「外注」という手段を選ぶ企業も多いのではないでしょうか。

しかし、SEO対策会社のなかには「悪徳業者」が存在しており、高額な料金を払ったとしてもSEO対策の結果が出ないということも珍しくありません。

そこで本記事では、SEO対策会社を選定する際のポイントや注意点について解説していきます。

SEO対策会社の選定前に確認すること

本章では、SEO対策会社の選定前に確認することについて解説していきます。

SEO対策会社の選定前に以下のようなことを確認することで、自社の目的や予算に合ったSEO対策会社を選定することができます。

【確認①】SEO対策を行う目的

SEO対策会社に依頼をするWebサイトのSEO対策を行う目的を明確にし、KPIを設定しましょう。

目的やKPIを設定する際は、「売り上げを増やしたい!」「集客率をあげたい!」などの抽象的なものではなく「集客率を上げるためにWebサイトのSEO対策を行い、検索結果に上位表示させ、アクセス数を3倍にする」など、できるだけ具体的なものにしましょう。

具体的な目標設定を行うと、日々やるべきことが明確になるため、結果がでやすくなる傾向にあります。

【確認②】予算

SEO対策会社に依頼をする際に、支払うことが可能な「予算」を決めておきましょう。

予算を決める際は、目標が達成できた際にどれだけの利益が予想できるのかも加味することをおすすめます。

予算を決めずにSEO対策を行うと、目標を達成できる見込みのない場合でも、SEO対策会社に継続的に料金を支払うこととなってしまいます。

しかし、予算を決めておけば予算内でSEO対策の成果が出ない場合は、次の施策に移るなどの判断を容易に行うことができます。

【確認③】社内体制

SEO対策会社に依頼をした場合、SEO対策会社と社内の誰かが連携をしてWebサイトのSEO対策を行っていく必要があります。

SEO対策会社との連携が始まってから慌てなくていいように、事前に誰が何を対応するかなど、コンサルティングを受けられる社内体制を整えておきましょう。

【確認④】ターゲットとコンセプト

SEO対策を行うWebサイトのターゲットとコンセプトを明確にしておきましょう。

ターゲットやコンセプトを明確にしておくことで、SEO対策会社も行うべきSEO対策が明確になります。

また、自社の他社との差別化ポイントもSEO対策会社に伝えられるように確認しておきましょう。

【確認⑤】自社独自の情報提供

SEO対策の依頼を受けるSEO対策会社やSEOコンサルティングサービス会社は、できるだけ依頼先の情報を集め、SEO対策を行います。

その際に、ネットや公的資料にも記載されていない自社独自の情報を提供すると、SEO対策の質が向上します。

SEO対策会社に依頼をする際は、自社の情報・競合サイト・目標・ターゲットやコンセプトなど、提供できる情報を準備しておきましょう。

 

SEO対策会社を選ぶ際のポイント

SEO対策会社を選ぶ際のポイントについて解説していきます。

特に初めてSEO対策会社へ依頼をされる方は、SEO対策会社を選ぶ際にどのようなポイントを重視すればいいのか分からないかと思いますので、本章で理解していきましょう。

【ポイント①】実績

SEO対策会社を選ぶ際は、これまでの実績を確認しておきましょう。

確認する実績としましては、自社と同じ業界での実績・これまで担当したサイトの成果・過去に担当したサイトの業種・これまで行ってきたSEO施策などが挙げられるでしょう。また、SEOのコンサルを行っている会社であれば、自社サイトを運営していることが多いため、そのサイトがマーケティングやSEOに関連するキーワードで上位表示されているかも確認しておきましょう。

その中でも、自社と同じ業界での実績やこれまで担当したサイトでの実績があると、検索順位の向上などの効果を期待できるSEO対策会社だと判断できます。

【ポイント②】作業範囲

SEO対策会社を選ぶ際は、その会社が対応できる作業範囲について確認しておきましょう。

SEO対策は、主に4つの作業に分けられます。

  1. 調査
  2. キーワード選定
  3. サイト改善
  4. コンテンツ作成

これらの作業を1社のみで完結できると考えている方もいるかと思いますが、すべての作業に対応しているSEO対策会社はほとんどありません。また、依頼できるSEO対策会社があったとしても、費用は高額になります。

作業範囲に関して、契約後にSEO対策会社ともめないためにも、依頼する作業範囲についてSEO対策会社と話し合いをし、誤解が生まれないようにしておきましょう。

【ポイント③】担当者との相性

SEO対策は、成果が出るまでに数か月~1年ほどかかります。そのため、その期間に連携をとる担当者との相性も重要となります。

良い担当者の特徴は以下のとおりです。

  • 説明がわかりやすい
  • SEO・マーケティングについて理解している
  • ダメなことはダメと言ってくれる
  • ヒアリングを行ってくれる

一方悪い担当者の特徴としましては、「専門用語を使う」や「営業をおこなってくる」などが挙げられます。

SEO対策は長期戦となるため、安心して自社の情報を提供できる相性の良い担当者を選ぶようにしましょう。

【ポイント④】提案内容

提案内容をチェックする際は、

  • 自社の情報を把握できているか
  • 作業範囲は定められているか
  • 予算内であるか
  • 戦略は成果が期待できるか
  • ルール違反の施策はないか

などを重点的にチェックしておきましょう。

優良なSEO対策会社であれば、1つずつ丁寧に説明してくれますが、悪徳な会社であれば説明すらない場合があります。

契約後に後悔しないためにも、わからない点や納得のいかない点に関しては質問しておきましょう。

 

SEO対策会社を選ぶ際の注意点

SEO対策会社を選ぶ際の注意点について解説していきます。

【注意点①】「丸投げOK」とうたっている

近年のSEO対策では、ユーザーに必要な情報を的確に提供する「コンテンツSEO」が重要となってきます。

コンテンツSEOの中でも、文章コンテンツは専門知識がないと作成することは難しいでしょう。

例えば、資金調達に関するWebサイトでコンテンツSEOを行う場合

  • おすすめの資金調達方法は?
  • 各資金調達方法にかかる手数料は?
  • 資金調達までの具体的な流れは?

など、専門的な情報をユーザーに発信していく必要があります。

しかし、SEO対策会社はSEOに関する知識は持っていますが、資金調達に関する知識を持っているとは限りません。そのため、「丸なげOK」とうたっているSEO対策会社に依頼をした場合、質の低いコンテンツが制作される可能性があります。

逆に「成果を出すために協力してください」とうたっているSEO対策会社のほうが信頼できるでしょう。

【注意点②】「すぐ上がる」「成果を保証する」とアピールしている

まず、SEO対策とはGoogleなどの検索エンジンから評価してもらい、検索順位を上げるための対策です。しかし、検索エンジンは評価基準を明確に開示していないため「確実に成果がでるSEO対策」というのは存在しません。

本来SEO対策とは、1つずつ施策を行いながら分析し改善するなど地道に進めていくものです。そのため、「すぐ上がる」「成果を保証する」とアピールしているSEO対策会社には注意が必要です。

逆に「成果は保証できるか分かりません」と正直に言ってくれるSEO対策会社のほうが、優良企業である可能性が高いといえます。

【注意点③】金額が安い

金額が安いSEO対策会社には注意が必要です。なぜなら、SEO対策にかかる費用の大半は人件費となっており、金額が安いということは人手をかけないということになるからです。

人手をかけずにSEO対策を行うとなると、1つ1つの施策に時間がかかるうえに実行できる施策が限られてしまうため、成果が期待できません。

SEO対策会社を選ぶ際は、金額以外の部分もしっかりと考慮するようにしましょう。

【注意点④】被リンクで順位上昇を狙っている

GoogleやYahoo!などの検索エンジンが、Webサイトを評価する1つの要素として「被リンク」があります。

被リンクとは、簡単に言うとほかのWebサイトで自社のWebサイトが紹介されることで、被リンクを受ければ受けるほど、「コンテンツの質が高く信頼性の高いサイトである」と評価されます。

しかし、これを逆手に取り「自作自演の被リンク」を作成する悪徳業者が存在します。こういった被リンクは「スパムリンク」と呼ばれており、検索エンジンのガイドラインに違反している行為となります。

こういった違反行為を平然と提案してくるSEO対策会社もいるため、注意が必要です。もしガイドラインの違反が検索エンジンにばれてしまった場合、なんらかのペナルティを課せられます。

【注意点⑤】契約期間が曖昧だったり、異常に長かったりする

SEO対策会社との契約書に、契約期間が明確に記載されていない場合や異常に長い場合には注意が必要です。また、途中解約に関する定めがない場合も、途中解約を行いたいときに高額な違約金を請求されてしまう可能性があるため、注意が必要です。

上記でも述べたように、SEO対策は成果が約束されたものではありません。そのため、SEO施策を途中で辞めるケースや途中で業者を変えたいといったケースが出てくると思います。

契約期間は数か月を目安に設定してもらい、契約後も身動きがとれる状態にしておきましょう。

 

相見積もりは3社程度行う

複数のSEO対策会社を比較するために、相見積もりをとることは間違いではありませんが、見積もりの数が多すぎると逆に手間となってしまいます。

SEO対策は長期戦となるものなので、1日でも早く施策を開始したいところです。しかし、3社以上の見積もりを取ってしまうと、各SEO対策会社から見積もりが届くまでに時間がかかってしまいます。

一方2社だと比較項目が限られてしまうため、各項目の見積もりの違いを明確に見分けることができるであろう3社程度がおすすめです。

見積もりを取ったものの、利用しないSEO対策会社に対しては、今後付き合う可能性もあるため、しっかりと連絡をし、断りを入れておくようにしましょう。

 

まとめ

今回はSEO対策会社を選定する際のポイントや注意点について解説させていただきました。

SEO対策会社との契約は、長期契約となることが一般的であるため、契約前に本記事で解説した内容について理解しておきましょう。

事前にSEO対策会社を選定する際のポイントや注意点について理解しておくことで、後悔のない契約ができる可能性が高くなります。

また、SEO対策会社の中には「悪徳業者」も存在しているため、注意が必要です。悪徳業者と契約をしてしまうと、長期に渡り料金を払い続けなければいけないリスクやSEO対策の成果が全くでないといったリスクがあります。

SEO対策会社を選定する際は、過去の実績を確認し、自社との相性が良く成果に期待ができそうなSEO対策会社を選定するようにしましょう。

関連記事一覧

  1. リスティング広告とは わかりやすく
  2. アトリビューション分析 事例
  3. seoとは わかりやすく
  4. wordpress seo プラグイン おすすめ
  5. 被リンクチェックツール
PAGE TOP