コラム

SEO記事のリライト方法とは?選び方やポイント等を解説

SEO:2023年12月19日

I SEO記事の リライト方法

SEOを意識して作成した記事だとしても、検索上位に表示され続けるとは限りません。

そのため、SEO記事は定期的にリライトをして、検索エンジンへの評価を高めていく必要があります

そこで本記事では、SEO記事のリライト方法について、選び方やポイントを解説します。

どの記事をどのようにリライトすればいいのかわからない方は、是非参考にしてみてください。

リライトとは

すでに完成してある記事の品質を向上させるため、要所の加筆修正をするのがリライトです。

リライトは本文の加筆修正だけでなく、場合によってタイトルや見出しの変更も含まれます。

よく語尾や言い回しを変えただけでリライトをした気分になる方がいますが、SEO対策の観点からすると、それはリライトとはみなされません。

SEO記事のリライトとは、検索エンジンに正しい評価をしてもらえるコンテンツに仕上げることです。

新規記事の追加も重要ですが、成約率やPV数の期待できる記事へさらに流入を促すという点においては、リライトはWebサイト全体の成長を促します

今までに執筆した記事を見直し、必要な点のみを加筆修正するのは、一見地味な作業であり、成果が見えないように感じます。

しかし、リライトこそ新規記事の追加以上に時間を割き、正しい方法で検索順位によい影響を与えるようにしていくことが大切です。

SEO記事をリライトする重要性

SEO記事をリライトするのは、検索結果で上位表示され続けるためです。

Googleが公式に発表している検索結果に影響するアルゴリズムは、数百種類の要素が関係しているとされています。

上記の要素には流動性があり、小さな変更からパンダアップデートやペンギンアップデートのような大きな変更までさまざまです。

SEO対策上、検索結果が上位に表示され続けるためには、数百の要素からなる検索アルゴリズムに対応し、そのときの検索エンジンの評価に合わせたコンテンツに仕上げることが重要になります。

よって、新規記事の追加だけでなく既存の記事のリライトも行うべきということがわかっていただけたでしょう。

リライトすべき記事の選び方

既存の記事を全てリライトするとなると、膨大な時間と手間がかかるため、効率的とはいえません。

ここでは、優先してリライトすべき記事の選び方について解説します。

自社のWebサイトで該当する記事があるかどうかも考えながら見ていきましょう。

【選び方①】検索順位が高いにも関わらずCTRが低い記事

検索順位が高いにも関わらずCTR(Click Through Rate)が低いのは、タイトルやスニペットの訴求力が弱い点が考えられます。

CTRとは、広告や記事コンテンツがユーザーの画面に表示された数(インプレッション数)のうち、どれだけクリックされたかを示す数値です。

本来であれば、検索順位が高ければ高いほどCTRも増えていきますが、訴求力が弱いとユーザーが興味・関心を抱かず、数値も低くなります。

CTRの低さを改善するためには、思わずクリックしたくなるようなタイトルをつけるのが一番です。

また、見出しに合わせて的確な答えを記載し、スニペットに表示させる部分を整えるためのリライトをしましょう。

ただし、タイトルの変更によって検索順位が変動する可能性もあるので、検索キーワードの他の部分を変えるようにしてください。

マーケティングに重要なCTRとは?平均・上げるメリット・改善ポイントを解説

【選び方②】検索順位が低いにも関わらず表示回数・CTRが高い記事

検索順位が低く表示回数・CTRが高い記事は、以下のような可能性があります。

  1. 上位に表示されている記事にユーザーのニーズを満たすコンテンツがない
  2. キーワードの検索ボリューム数が大きい
  3. ユーザーが慎重に比較・検討している

この中で、1のような場合には、積極的にリライトするのがおすすめです。

なぜなら、上位記事よりも有益かつ網羅的なコンテンツを掲載すれば、検索順位を上げられる可能性が高いからです。

現状では、検索エンジンからの評価はまだ低い状態なので、

  • 上位記事と自社記事を比べて不足コンテンツを追加する
  • 自社記事にしかないコンテンツを拡充して網羅性を目指す

以上の施策で評価を高めていきましょう。

2と3に関しても、結果的にやることは1と変わりません。

上位記事と自社記事の内容を比べて、不足コンテンツと差別化コンテンツを見極めてリライトをしてみてください。

【選び方③】CTRを上げられる見込み、1ページ目への表示が見込める記事

CTRを上げられる、あるいは1ページ目への表示が見込める記事の場合もリライトをするべきです。

検索順位が上がれば上がるほどクリック率が高くなることを多くの調査機関で発表しています。

seoClarity(SEOクラリティ)が公開している2021年11月の検索順位別クリック率のデータを例にあげてみましょう。

検索順位クリック率
1位13.94%
2位7.52%
3位4.68%
4位3.91%
5位2.98%
6位2.42%
7位2.06%
8位1.78%
9位1.46%
10位1.32%

 

引用元URL:https://seolaboratory.jp/99281/

上図から、検索順位が1位と2位で6%以上もクリック率の差があるのがわかるはずです。

10位になるだけで1%しかクリック率がないことを考えると、最低でも3位以上を狙える記事は、積極的にリライトすべきでしょう。

つまり、ある程度高い順位にある既存コンテンツは、さらに内容を充実させれば十分に上位表示可能です。

だからこそ、CTRを上げられる、あるいは1ページ目への表示が見込める記事は、優先的にリライトを検討してください。

【選び方④】更新日が古い記事

Googleが提供している検索エンジンは、更新日が古い記事よりも新しい記事を評価する傾向にあります。

情報は常に変化を続けるものであり、従来の考え方や規則が現在では間違っていることもあるからです。

例えば、SEO対策も以前まではとにかく被リンク数を増やし、キーワードを詰め込む方法が主流でした。

しかし、現在で上記の方法を用いると、ペナルティの対象になる場合があります。

このように、更新日が古い記事が現在において間違った情報である可能性もふまえ、不要なペナルティを受けないためにも情報の更新をしておきましょう。

ただし、ほとんどアクセスがない記事に関しては、その他のコンテンツのリライトを優先させるべきです。

アクセスがある程度見込める場合、更新日が古いかどうかを判断して、リライトを優先させるかを決めましょう。

リライトする記事を選ぶ際の注意点

リライトする記事を選ぶ際は、成果が見込める記事を優先的に行うことが重要です。

例えば、以下の記事をリライトする場合、どちらが検索上位に表示される可能性があるでしょうか。

A. 月間インプレッション数が3,000・CTRが3.2%の記事
B. 月間インプレッション数が20・CTRが0.1%の記事

Aの方が優先的にリライトをすべきだとわかります。

上記から、既存コンテンツを全てリライトするのではなく、まずは優先的に伸びそうな記事から手をつけていきましょう

また、大幅なリライトによって検索順位が急落してしまう可能性がある点も注意が必要です。

そのため、YMYL分野のように専門的な知識が必要な記事は、専門家や権威性のある方がリライトを担当すべきでしょう。

Webサイト全体でE-A-Tの評価が高い場合も同様に、リライトをする際はどの記事を着手すべきか慎重に選んでください。

SEO記事のリライト方法

記事のリライトはどのように行うべきなのか、わからない方も多いでしょう。

そこで、記事のリライトの方法と、そのポイントについて、5つの項目に分けて解説します。

記事のリライトを検討している場合は、是非5つの項目を参考に高品質なコンテンツに仕上げてみてください。

【方法①】上位記事を参考にする

狙っているキーワードで検索したときに上位表示されている記事は、ユーザーのニーズを満たしているコンテンツとしてGoogleから評価された記事です。

そのため、上位記事を参考にすれば、検索キーワードに対して何が必要なのか、自社の記事に不足している部分が見えてくるはずです。

上位記事のタイトルや見出し、スニペットに至るまで分析した上で、自社記事に落とし込んでいきましょう。

ただし、上位記事をそのままコピペするのは、重複コンテンツとしてペナルティを受けてしまうので注意してください。

【方法②】サジェスト・関連キーワードを活用する

 

Googleの検索窓にはキーワードを入力すると、サジェストキーワードが表示されます。

Google および Google ロゴは Google LLC の商標です。

また、検索結果ページの下部には関連キーワードも記載されており、この2つを活用すれば検索エンジンからの評価も高くなります。

 

サジェストキーワードは、実際にユーザーが入力した検索クエリなので、リライトの参考になるでしょう。

関連キーワードは検索クエリや関連サイトで用いられている共起語から抽出されています。

どちらも、リライト時の追加コンテンツや、ユーザのニーズを網羅的に解消するコンテンツに仕上げるために役立つツールになるはずです。

【方法③】獲得しているキーワードからユーザーのニーズを探る

アクセス解析を用いて、すでに獲得しているキーワードからユーザーのニーズを探るのもポイントの1つです。

実際に、狙っているキーワードではないキーワードの方が検索需要があるケースも珍しくありません。

このズレを整えてあげることで、コンテンツとニーズが合致し、検索順位によい影響を与えられるようになります。

外部からの情報だけでなく、獲得している情報をもとにリライトの判断をする意識を持っておきましょう。

【方法④】共起語を含める

共起語はキーワードと一緒に用いられることの多い単語です。

SEOの観点から見ても、共起語を含める方が狙っているキーワードを認識してもらいやすくなります

共起語を含めると、コンテンツの網羅性も高まるため、今までとは違った検索クエリで表示される可能性もあるでしょう。

そうなると、多くのユーザーが訪れる機会が多くなるので、SEOの効果にも期待ができると考えられます。

ただし、共起語を意識するあまり、文章や文脈が不自然にならないように気をつけましょう。

【方法⑤】読みやすい文章にする

1度制作した記事でも、改めて読み返してみると読みにくさを覚える場合も少なくありません。

自身が読みにくいと感じる場合、同じことを考えるユーザーもいると判断してください。

まずは記事を細部まで読み込み、読みにくさや誤字脱字がないかをチェックしましょう。
誰が読んでも伝わる文章を目標に、リライトをしていくといいかもしれません。

まとめ

今回は、SEO記事のリライト方法について、選び方やポイントを解説しました。

正しいリライトを行えば、検索上位に表示される可能性が高くなり、訪問者数や成約数に大きく貢献するWebサイトに仕上がります

今回ご紹介したように、リライトを行う際は、記事に優先順位をつけて、効率よく作業を行うのがおすすめです。

是非、本記事を参考に、新規記事の追加と並行して、過去に作成した記事のリライトも行っていきましょう。

メディア事業を主体とするヒューワンズウェイでは、クライアント様にとって売上貢献するためのSEO」を実現させます。
その為に、検索エンジンからの安定したサイトへの流入によって、売上を向上しやすいキーワードの発掘からご提案いたします。お気軽にお問合せください。

この記事をシェアする

WEB広告・SEOを駆使した、集客実績をまとめております。ぜひご覧ください。