コラム

リスティング広告のメリット・デメリットとは?効果的なシーンを合わせて紹介

コラム:2023年11月14日

リスティング広告メリットとデメリット

インターネット広告といえば「リスティング広告」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

リスティング広告は、さまざまな業種で活用されている広く知られたインターネット広告の1つです。運用することにより、集客率やコンバージョン率が向上し、売上を伸ばすことができます。

本記事では、リスティング広告のメリット・デメリット及び効果的なシーンについて解説していきます。これからリスティング広告の配信を検討されている方や既にリスティング広告を運用している方は、ぜひ参考にしてみてください。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、数あるインターネット広告の中の1つで、別名「検索連動型広告」ともいわれています。

なぜ検索連動型広告ともいわれているかというと、検索エンジンで検索されたキーワードに連動して、それに関連した広告を表示する手法だからです。

リスティング広告を表示することができる代表的なものとしては「Google広告」や「Yahoo!広告」があります。これらはユーザの検索結果画面の上部や下部に広告を掲載することができます。

検索結果画面の上部と下部のどちらに表示されるのか、何ページ目に表示されるのかは、各キーワードごとの入札単価によって変動します。

そのため、リスティング広告の運用を始めるまえに、予算についても考えておく必要があります。

リスティング広告の費用

リスティング広告の費用は、検索結果画面に広告が表示され、そこからクリックされた回数によって決まるクリック課金制となっています。そのため、検索結果画面に広告が表示されただけでは、費用は発生しません。

クリック課金制では【1クリックあたりの費用×クリックされた回数】で費用が決定します。

この1クリックの費用は、広告主側が自由に設定することができますが、競合の多いキーワードでは費用相場が高くなる傾向にあるため、低い金額で設定した場合は広告自体を表示することができない可能性があります。

1クリックの費用は、1日や1月単位で予算を設定することができるため、設定した広告費用に対する検索順位の動向を確認しながら、費用を調整していきましょう。

リスティング広告のメリット

リスティング広告のメリットは以下のとおりです。

【メリット①】明確なターゲット層に訴求できる

リスティング広告では、明確なターゲット層に訴求することができます。なぜなら、ユーザーは何らかの悩みや問題を解決するために、検索を行うからです。

そこで、ユーザーのニーズに合った解決方法を明確なターゲット層に提示することができます。その結果、自社サイトへのアクセス増加や商品・サービス購入などのコンバージョンにつなげることができます。

【メリット②】低予算から出稿できる

リスティング広告は、マス広告と比較すると低予算から出稿することができます。

リスティング広告にかかる予算は、各企業や取り扱っている商品によって変動しますが、一般的に月10~100万円ほどの予算で運用しているケースが多いようです。しかし、最低出稿金額が定められていないため、少ない金額からでも広告配信することができます。

一方テレビCMなどのマス広告は、最低でも100万円以上の予算が必要となります。以前までは、リスティング広告よりもマス広告のほうが圧倒的に影響力がありましたが、現在はテレビ離れなどマス広告の影響力は減少傾向にあります。

【メリット③】即効性がある

リスティング広告は、競合の少ないキーワードや1クリックの費用を高く設定した場合は、即効性があるといえるでしょう。リスティング広告の配信を開始した日から検索結果の上位に表示されることも珍しくはありません。

リスティング広告の配信開始から、Webサイト経由のコンバージョン獲得やアクセス数が増加したなどの効果を早期に期待することができます。

【メリット④】自由に開始・停止できる

リスティング広告では、広告の配信を自由に開始・停止することができます

そのため、告知など何らかの目的がある時だけ利用することも可能となります。広告の配信を停止している期間は、もちろん検索結果に広告が配信されないため、配信を開始するまで費用は掛かりません。

【メリット⑤】効率的な配信ができる

リスティング広告では、特定のキーワードに対して広告を配信することができるため、効率的な配信ができるといえるでしょう。

より効率的な配信を行うためには、ユーザーがどのようなキーワードを用いて検索するかなどの分析を行い、キーワード選定を行う必要があります。

【メリット⑥】分析・改善を行いやすい

リスティング広告では、広告の成果が管理画面で確認することができるため、分析・改善を行いやすいと言えます。

リスティング広告の管理画面では以下のような項目を確認することができます。

  • 広告の表示回数
  • クリック回数
  • クリック単価
  • 成果に至った回数

リスティング広告のデメリット

リスティング広告のデメリットは以下のとおりです。

【デメリット①】掲載費用がかかる

リスティング広告は、最低出稿金額が定められていないため、少額からでも出稿することができますが、無料で出稿することはできません

リスティング広告にかかっている費用を止めたい場合は、広告の配信を停止する必要があるため、Web経由のコンバージョンがなくなってしまいます。

リスティング広告で広告を配信し続けるためには、広告費用を払い続ける必要があります。あまり予算をかけることができない場合、自社サイトのSEO対策を進めていきましょう。

【デメリット②】分析・改善の継続が欠かせない

リスティング広告では、成果の分析・改善が欠かせません。なぜなら、リスティング広告では同じ広告を配信し続けていると効果が薄れてしまうからです。

また、ユーザーのニーズは常に変化しています。そのため、表示回数やクリック率など、ユーザーの動きを分析し、改善を行う必要があります。

【デメリット③】低予算だと分析・改善が難しい

低予算でリスティング広告を配信する場合、分析・改善が難しいといえるでしょう。なぜなら、低予算で配信する場合、ユーザーの検索結果に表示される回数が少なくなるからです。最悪の場合は、一度も表示されないということもあります。

その結果、当然リスティング広告からの成果も少なくなるため、分析に必要なデータが集まらず、改善につなげていくことが難しいといえるでしょう。

【デメリット④】一定以上の専門知識が求められる

リスティング広告を運用していくためには、一定以上の専門知識が必要となります。なぜなら、リスティング広告は配信すればどんどん成果が上がるというものではないからです。

成果を上げるためには、定期的なブラッシュアップが必要であり、状況に応じた最適な施策を行う必要があります。その際に、リスティング広告の管理画面操作の知識が求められます。

リスティング広告の成果を最大化するために、競合の検索順位や広告文を分析し、改善につなげていくための専門知識が必要となります。

【デメリット⑤】避けられる可能性がある

リスティング広告は、タイトルの横に【広告】と表示されるため、広告を嫌っているユーザーには避けられる可能性があります。

また、広告を嫌っていないユーザーでも広告を避けるユーザーも存在するため、広告のクリック率が低い場合には自然検索で上位表示を目指す必要があります。

自然検索で上位表示を目指すには、検索エンジンのアルゴリズムを理解し、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成しなければいけません。

【デメリット⑥】クリック単価が高いキーワードがある

検索回数が多いキーワードや多くの競合が広告を出稿しているキーワードは、クリック単価が高くなってしまい、想定以上の予算がかかってしまう可能性があります。

このような場合は、複合キーワードで広告を出稿することをおすすめします。複合キーワードでは、2つ以上のキーワードを組み合わせることでニーズが細分化され、クリック単価を抑えることができます。

【デメリット⑦】ネットを見ない層にアプローチできない

リスティング広告は、ネットを見ない層にアプローチすることができないため、ブランディングや認知向上には不向きといえるでしょう。

ユーザーの検索結果画面に広告を配信することで、ブランディングや認知に効果的のように思われるかもしれませんが、そのようなケースはほとんどありません

月1,000万円以上のように本格的にリスティング広告を運用して場合は、提供している商品やサービス名の検索回数が伸びるなどの効果が期待できますが、それ以下の広告費の場合は、認知やブランディングは得られないと考えておいた方がよいでしょう。

リスティング広告が効果的なケース

リスティング広告が効果的なケースは、主に以下の2つです。

【ケース①】期間限定の商品・サービスの宣伝をする場合

リスティング広告は、期間限定の商品・サービスを宣伝する場合に効果的です。リスティング広告では、広告の配信・停止を自由に決めることができるため、広告費を自由に調整することができます。

また、Google広告では期間限定の商品・サービスを宣伝する場合の広告に使用できるオプションがあります。オプションを使用することで、クリック率やコンバージョン率を向上させることができます。このようなことから、リスティング広告は期間限定の商品・サービスを宣伝する場合に適しているものだと言えます。

【ケース②】即効性を求めている場合

リスティング広告は、設定が完了したその日から広告を配信することができるため、即効性を求めている場合にも効果的といえるでしょう。

また、配信するキーワードや時間帯、ユーザーなどを指定することができるため、ニーズに合った広告を配信することができ、早ければ広告を配信した日からコンバージョンにつながることもあります。

まとめ

今回はリスティング広告のメリット・デメリット及び効果的なシーンについて解説させていただきました。

リスティング広告は、低予算からでも出稿することができるだけでなく、即効性にも期待することができます。また、広告の配信・停止を自由に決めることができるため、自社の予算状況に応じて広告を配信・停止することができます。リスティング広告の管理画面では、結果をリアルタイムで確認することができるため、いち早く改善に進むことができるでしょう。

一方で、運用し続けなければいけない手間や広告を配信している期間は掲載費用が発生し続けるデメリットがあります。そのため、リスティング広告を運用する場合は、社内に専門の担当者を配置するかリスティング広告代理店に依頼することをおすすめします。

弊社は、Google広告、Yahoo!プロモーション広告の代理店として広告運用しております。
リスティング広告の効果的な運用で、企業様のビジネス成長をサポートします。詳細やお見積りのご要望には迅速に対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

この記事をシェアする

WEB広告・SEOを駆使した、集客実績をまとめております。ぜひご覧ください。