コラム

TOP > コラム > SEO記事とは?記事構成の作り方・ポイン...

SEO記事とは?記事構成の作り方・ポイントを解説

コラム:2023年12月7日

SEO記事 記事構成の作り方

記事を検索上位に表示させるためには、SEOに沿って制作することが大切です。
しかし、知識を正しく習得しないままSEO記事を書いてしまうと、手応えのある内容でも中々検索上位に表示されないケースも少なくありません。

そこで今回は、SEO記事について、記事構成の作り方やポイントについて解説します。

コンテンツやホームページを検索上位に表示させたい、SEOの知識を身につけたい方は、ぜひ参考にしてください。

SEO記事とは

SEO(Search Engine Optimization)とは、Google等の検索エンジンの検索結果に上位表示されるように行う施策を指します。

記事が検索上位に表示されると、商品・サービスの認知度向上や購入・申し込みといった成約率の上昇に期待ができます。

実際、SEO記事の制作に注力し、広告費をかけずに成果を出している企業も多いです。

そのため、正しい知識でSEO記事を制作していく必要があります。

SEO記事ではユーザーのニーズを満たす有益な情報かどうかが重要です。

日々、多くのユーザーが検索エンジンで知りたい情報を調べるので、検索意図に対して解決出来る記事であるかがポイントになります。

SEOで評価されやすい記事とは

SEOで評価されやすい記事は、ユーザーのニーズを満たす情報が詰め込まれていることが条件です。

Googleのような検索エンジンに役に立つコンテンツであると感じてもらうには、ユーザーの検索意図に対して最適解となる記事を提供できるかが重要になります。

そのため、必然的にキーワードに対してユーザーを第一に考えられた記事の評価が高くなり、上位表示されやすくなるのです。

ただし、注意すべきなのは、ニーズの深さをどこまで網羅するのか、という点です。

ニーズには「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」の2種類があります。

顕在ニーズを持つユーザーは、自身の悩みを把握しており、どのような情報が必要なのか理解した上で調べているのが特徴です。

一方、潜在ニーズは自身の悩みを正確には把握していません。

そのため、検索するキーワードも抽象的なものが多く、その中から最適解を提示してあげる必要があります。

顕在ニーズ・潜在ニーズどちらも満たしてあげる内容のページの方が、SEOからの評価は高いです。

SEOで評価されるために、ニーズの種類に応じた網羅的な情報を詰め込んだ記事が書けるようにしましょう。

SEOで評価されづらい記事とは

ユーザーのニーズを満たしていない情報は、SEOからの評価がされづらく、なかなか検索上位に表示されにくい傾向にあります。

では、具体的なSEOで評価されづらい記事の特徴を解説していくので、順を追って理解していきましょう。

ユーザーのニーズを満たしていない

ユーザーのニーズを満たしていない記事が評価されないのは、検索エンジンの信用問題を考えるとわかりやすいです。

例えば、ユーザーのニーズを無視した検索エンジンがあるとしましょう。

ユーザーが知りたい内容を含むキーワードを入力しても、1ページ目には出ず、情報を探すだけでストレスになります。

検索エンジンは、多くのユーザーに使ってもらうからこそ運用できているので、ユーザビリティの低いものは淘汰されてしまいます

検索エンジンとして皆から愛され、生き残っていくためには、ユーザーのニーズを満たし、的確に応えていく必要があるのです。

そう考えると、ユーザーのニーズを満たしていない記事が評価されづらいのは当たり前のことだとわかるでしょう。

タイトルと内容が不一致

タイトルと内容が不一致しているのも、SEOからの評価を落としてしまう要因です。

例えば、「これを見れば安心!初心者のためのFX講座〜知識編〜」というタイトルの記事があるとします。

このタイトルから、FXを初めてやる人でもわかるように用語や口座開設の方法が記されているのが予測できるはずです。

しかし、FXではなく株をおすすめしている情報が記載されていた、となるとユーザーが求めている内容ではなくなります。

ここまで極端ではありませんが、タイトルと内容に多少のズレが生じている記事をよく見かけます。

そのため、検索上位に上がらない場合には、タイトル・内容が合致しているかは、必ず確認しましょう。

テキストのみ

テキストのみのページは、直接的ではなく間接的な要因で、SEO評価が落ちる可能性があります。

SEOの評価としてページの滞在時間の長さも関与しており、ユーザーにどれだけ文章を読んでもらっているのかが重要です。

画像や表を使ったページは、ユーザーにとってわかりやすく、ページの滞在時間が延びやすくなります。

一方、新聞のようなテキストのみで読みにくいページは、ユーザーから敬遠されやすく、滞在時間も短くなるでしょう。

その結果、テキストのみのページはユーザーのニーズを満たしていないコンテンツとして、正当な評価が得られない可能性があるのです。

情報が古い

SEOでは、最新の情報を提供しているページを評価します。

昔の情報をそのまま載せているページを上位表示させると、現在では間違った内容を伝えてしまう可能性があるからです。

間違った情報は信用問題にも関わるため、定期的な情報更新が求められます。

ページの読み込みスピードが遅い

ページの読み込み速度は、ユーザーの離脱率にも関係があるとして、SEOの評価基準になっています。

実際に、Googleが調査したデータでは、ページ速度によるユーザーの離脱率が以下のように変わると公表しています。

ページ表示速度離脱率
1秒→3秒32%上昇
1秒→5秒90%上昇
1秒→6秒106%上昇
1秒→10秒123%上昇

引用元:https://www.thinkwithgoogle.com/marketing-strategies/app-and-mobile/mobile-page-speed-new-industry-benchmarks/

ユーザーがストレスを感じてしまう要因は、SEO評価の低下を招くため、ページ表示速度についても考えていかなくてはいけません。

記事構成の作り方ステップ

SEOで評価されやすい記事に仕上げるには、正しい構成作りが大切です。

ここでは、ステップごとに記事構成の作り方をご紹介しますので、ぜひ順を追って理解していきましょう。

【ステップ①】ペルソナを設定する

マーケティング用語では、ある特定の人物像をペルソナと呼び、記事を制作するにあたって重要な項目になります。

誰にどのような情報を提供するのか、この部分が明確になっていなければユーザーの役に立つ記事は作れません。

ペルソナを設定する場合、ある一人の人物が浮かびあがるまで属性を絞り込んでいきましょう

ペルソナ像 例

例えば、20代男性向けのオールインワンクリームを販売したい場合、

  • 25歳男性
  • 営業職2年目
  • 年収320万
  • 普段は化粧水だけでスキンケアを済ませてしまう面倒くさがりな性格
  • 最近顔がテカリはじめニキビが多くなり、洗浄力の強い洗顔料に変えた

以上のように具体的な人物像がイメージできるまで設定してください。

【ステップ②】キーワード・関連キーワードを選定する

続いて、先ほどのペルソナに設定した人物が、どのようなキーワード・関連キーワードで検索するかを選定する作業です。

この場合、自分自身でオリジナルなキーワードを考えるのではなく、実際にGoogleなどで検索されていて、ボリューム数のあるキーワードを選びましょう。

キーワードのボリュームについては、ツールを使って調べることができます。

【ステップ③】ユーザーの検索意図・ニーズを探る

ユーザーはなんて検索する?

キーワードを選んだら、ユーザーの検索意図やニーズを探っていきます。

先ほどペルソナに設定した25歳営業職の男性の場合、

  • 20代 ニキビ 増えた
  • 20代 肌荒れ 治らない
  • 20代 メンズ おすすめ スキンケア

などがキーワードになってくるでしょう。

以上から、ペルソナはニキビや肌荒れを治したいという顕在ニーズがわかるはずです。

そうすると、ニキビが増えた原因や肌荒れが治らない理由を解説し、ニキビ・肌荒れを治していくにはどうするか知りたいことがわかってきます。

このように、キーワードによってユーザーがどのような検索意図・ニーズを持っているのかを探っていきましょう

【ステップ④】必要情報を洗い出す

検索意図やニーズがわかったあとは、記事を制作する上で必要な情報を洗い出していく作業です。

必要情報を洗い出す際は、設定したキーワードで上位表示されている競合サイトを参考にするといいでしょう。

その上で、自社の記事にオリジナル要素を付け加えるために何が必要かを考える必要があります。

【ステップ⑤】見出し案を作成する

必要情報の収集が完了したら、見出しを作成していく作業です。

見出しだけで記事の内容がおおよそわかるように心がけていきましょう

タイトルだけではなく、見出しと内容の不一致もSEO評価を下げてしまう要因になるので注意してください。

また、1つの見出しの文字量が多くならないよう、適度にh2タグだけでなく、h3やh4といった小見出しのタグを設けて、読みやすさにも配慮しましょう。

【ステップ⑥】タイトル作成と留意点の記載

見出しの作成が終わったら、記事のタイトルを決める作業です。

最初に決めたキーワードを含めつつ、ペルソナに設定した人物がタイトルを見たときにが思わずクリックしてしまうようなフレーズにしていきます。

キーワードを含めたいからといって、不自然なタイトルにならないようにだけ注意しましょう。

記事構成を作成する際のポイント

記事の構成を作成する際に必要な6つのポイントをまとめました。

記事作成をする際に、参考にしながら作業していきましょう。

【ポイント①】記事を作成する目的を決める

なぜその記事を作成するのか、目的を決めておくと作業がブレにくくなります。

特に、記事を読んだユーザーがどうなって欲しいのかを明確にすると、記事の構成・文章もまとまりやすいです。

記事を作ることが目的にならないように注意しましょう。

【ポイント②】テーマを絞り込む

ホームページ全体でテーマを決めておくと、どのようなニーズに対して執筆する記事なのかがわかりやすくなります。

ただし、よくやってしまいがちなのが、テーマの範囲が広すぎる点です。

テーマの範囲が広いと、ターゲットとなるユーザーも曖昧になってしまいます。

そのため、ある程度需要がある市場を見極めつつ、テーマを絞り込んで心に響きやすい記事に仕上げていきましょう

【ポイント③】オリジナル要素を入れる

競合記事を参考に情報収集するのはいいことですが、そのまま記事構成に反映させてしまうと重複コンテンツと見なされてしまいます

SEOでは、重複コンテンツはペナルティの対象となるので、オリジナル要素を入れた記事構成にしましょう。

例えば、競合記事では顕在ニーズのみ記載しているなら、潜在ニーズまで解決できるような要素を含める、などです。

オリジナル要素はSEOの評価も高くなる傾向にあるため、競合とは異なる独自性のある要素を考え、追加していきましょう

【ポイント④】タイトルや見出しにキーワードを入れる

SEOの基本的なコツとして、タイトルや見出しにキーワードをいれる点があります。

ユーザーにとって、検索したキーワードに合致するタイトル・見出しには興味を持ち、クリックしたくなるものです。

また、検索エンジンは、キーワードを認識して、記事全体の内容を予測するため、必ずタイトル・見出しにいれるようにしてください。

【ポイント⑤】1つに見出しに対して伝えるメッセージは1つ

1つの見出しに対して伝えるメッセージは1つに絞りましょう。

もし、見出しに対して説明したい情報が複数ある場合は、小見出しを追加して記載します。

小見出しは、見出しの関連情報として認識されるため、内容につながりを持たせることができます。

読みやすさの点からも1つの見出しに1つのメッセージが妥当なので、意識して記載していきましょう。

【ポイント⑥】一目で内容が分かる見出しにする

ステップ⑤でお話ししたように、見出しから記事の内容が判断できるようにするのが、正しい記事構成の作り方です。

最近では、記事の前半に目次を記載しているホームページも多く、目次から自身が知りたい情報を探すユーザーも増えています

そのため、見出しからユーザーが知りたい情報を探せるよう、それぞれの内容がわかるように設定しておきましょう。

まとめ

今回は、SEO記事について、記事構成の作り方・ポイントを解説しました。

SEOはユーザーを優先して考えることで評価へとつながりやすいことがわかってもらえたはずです。

ぜひ、本記事を参考にして評価されやすい記事を生産し、効率のいい集客を目指していきましょう。

メディア事業を主体とするヒューワンズウェイでは、「クライアント様にとって売上貢献するためのSEO」を実現させます。
その為に、検索エンジンからの安定したサイトへの流入によって、売上を向上しやすいキーワードの発掘からご提案いたします。お気軽にお問合せください。

この記事をシェアする

WEB広告・SEOを駆使した、集客実績をまとめております。ぜひご覧ください。