コラム

住宅業界で確実に集客するための最新マーケティング手法11選【2024年版】

コラム:2024年6月6日

アイキャッチ画像

住宅業界で集客に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?競争が激化し、従来の方法だけでは限界を感じることも多いですよね。

この記事では、そんな悩みを解決するために、2024年に注目すべき最新のマーケティング手法を11個ご紹介します。特に、リスティング広告の効果的な運用方法についても詳しく解説します。これらの手法を取り入れて、集客力を強化し、多くの顧客を引き寄せるためのヒントを得てください。この記事を通じて、ビジネスの成功に一歩近づくことができるでしょう。

住宅業界の集客の重要性

住宅業界における集客は、企業の成長と持続にとって極めて重要です。

以下の調査データのように、住宅を購入しようと考えている人々は、まずインターネットで情報を収集する場合が多いです。


出典:令和4年度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書
特に若年層では、インターネットを通じた情報収集が主要な手段となっており、不動産会社やハウスメーカーのウェブサイトにアクセスする機会が増えています。しかし、インターネット上での情報収集は初動の段階に過ぎません。
家を購入する際には、実際に物件を見て、触れて、感じることが不可欠です。そのため、多くの住宅企業は展示場やモデルハウスを設けて顧客を誘致しています。ここで実際に体験することで、顧客は具体的な情報を得ることができ、安心して購入の意思決定をすることができます。

さらに、集客においてはオンラインとオフラインのメディアを組み合わせることが効果的です。ホームページやSNSを通じたデジタルマーケティングと、展示会やモデルハウスでのリアルな体験を融合させることで、より多くの顧客にアプローチできます。例えば、オンライン広告で興味を引いた顧客を展示会に誘導し、実際の体験を通じて信頼関係を築くことができます。
このように、住宅業界での集客には、多角的なアプローチと戦略が求められます。顧客のニーズを理解し、適切な方法でアプローチすることで、競争が激化する市場での成功を掴むことができるのです。

住宅業界のオンライン集客方法

オンラインマーケティングは、住宅業界での集客において欠かせない手法です。以下では、特に効果的なSEO、コンテンツマーケティング、SNSマーケティングの具体的な方法について詳しく解説します。

  • 【オンライン集客①】SEO(検索エンジン最適化)
  • 【オンライン集客②】コンテンツマーケティング
  • 【オンライン集客③】SNSマーケティング

 

【オンライン集客①】SEO(検索エンジン最適化)

SEO(検索エンジン最適化)は、住宅業界の集客において極めて重要です。GoogleやYahooなどの検索エンジンで上位に表示されることで、ターゲットユーザーが求める情報を提供しやすくなります。

説明画像
例えば、上図のように「高級注文住宅」や「木造の家」といった具体的なキーワードを選定することが基本です。これにより、特定のニーズを持つ顧客を効果的に引き寄せることができます

オンページSEO

オンページSEOは、ウェブサイト内のコンテンツや構造を最適化する手法です。具体的には、ページのタイトルタグやメタディスクリプションにキーワードを含める、見出しタグ(H1、H2、H3など)を適切に使用する、画像のALTタグにキーワードを含めるなどが含まれます。また、内部リンクを適切に配置し、ユーザーがサイト内を容易にナビゲートできるようにすることも重要です。例えば、地域のモデルハウスの紹介ページに内部リンクを追加することで、地域密着型の集客を強化できます。

コンテンツの質

検索エンジンは、質の高いコンテンツを評価します。訪問者にとって有益で、関連性の高い情報を提供することが必要です。例えば、住宅に関する詳細なガイドやFAQ、ブログ記事などを作成し、ターゲットユーザーの質問や悩みに答えるコンテンツを提供します。また、定期的にコンテンツを更新し、新しい情報を追加することも効果的です。例えば、季節ごとのリフォームのポイントや最新の住宅トレンドについての記事を追加することで、継続的な訪問を促進します。

モバイルフレンドリー

現代では、多くのユーザーがスマートフォンからウェブサイトにアクセスします。したがって、ウェブサイトがモバイルフレンドリーであることはSEOにおいて非常に重要です。レスポンシブデザインを採用し、全てのデバイスで快適に閲覧できるようにしましょう。例えば、スマートフォンからでも簡単に住宅展示会の予約ができるフォームを設置すると、ユーザーの利便性が向上します。

ローカルSEO

住宅業界では、特定の地域に焦点を当てたローカルSEOも重要ですGoogleマイビジネスに登録し、住所、電話番号、営業時間などの正確な情報を提供することで、地域の顧客にアピールすることができます。例えば、「〇〇市の新築住宅」といったローカルな検索キーワードで上位表示されるように最適化することで、地域密着型の集客を実現します。

【オンライン集客②】コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、住宅業界での集客に非常に有効です。高品質なコンテンツを通じて顧客に価値を提供し、信頼を築くことができます。

説明画像2

例えば、「住宅購入 まずやること」などの住宅購入を考えているユーザーに寄り添ったブログ記事を作成し、訪問者に有益な情報を提供することで、サイトへの信頼度が向上します。しかし、これらのコンテンツは検索エンジンで上位に表示されることが重要です。上位表示されることで、ターゲットユーザーに見つけてもらいやすくなり、効果的な集客が実現できます

ですので、前述したSEO施策と併用するといいでしょう。

【オンライン集客③】SNSマーケティング

SNSマーケティングは、住宅業界での集客において非常に効果的な手法です。ソーシャルメディアプラットフォームを活用して、ターゲットオーディエンスにアプローチし、ブランド認知度を高めることができます。

グラフィック3

例えば、Instagramでビジュアルコンテンツを投稿し、住宅の魅力を視覚的にアピールする方法があります。また、Facebookではコミュニティを形成し、顧客とのエンゲージメントを深めることができます。これにより、信頼関係を築き、潜在顧客を引き寄せることができます

SNSでの投稿が多くの人に見てもらうためには、適切なキーワードやハッシュタグを使用し、検索エンジンやプラットフォーム内で上位表示されることが重要です。これにより、ターゲットユーザーに発見されやすくなり、効果的な集客が実現します。

住宅業界のWeb広告での集客方法

Web広告は、住宅業界での集客において非常に効果的な手段です。オンライン広告を活用することで、ターゲットユーザーに直接アプローチでき、効率的に集客が可能です。

  • 【Web広告集客①】リスティング広告
  • 【Web広告集客②】リターゲティング広告

【Web広告集客①】リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの結果ページに表示される有料広告です。

説明画像3

例えば上図のように、「新築住宅 東京」や「リノベーション 大阪」といったキーワードを設定することで、具体的なニーズを持つユーザーに対して広告を表示させることができます。これにより、広告のクリック率が向上し、質の高いリードを獲得することができます。

リスティング広告のカスタマイズ性も魅力です。広告文や表示URLを自由に設定できるため、住宅会社の強みや特長をアピールすることができます。例えば、「地域密着型のサービス」「無料相談受付中」といったメッセージを広告文に含めることで、ユーザーの関心を引くことができます。

予算の調整が柔軟に行える点も魅力です。リスティング広告はクリック課金制(PPC)であるため、広告がクリックされるごとに費用が発生します。これにより、予算内で効果的に広告を運用することが可能です。広告キャンペーンのパフォーマンスを分析し、予算の配分を最適化することで、投資対効果を最大化することができます。

リスティング広告の運用には、定期的なパフォーマンスのモニタリングと最適化が不可欠です。クリック率(CTR)、コンバージョン率(CVR)、広告費用対効果(ROAS)などの指標を分析し、キーワードの見直しや広告文の改善を行うことで、継続的なパフォーマンス向上が期待できます。

【Web広告集客②】リターゲティング広告

グラフィック4

リターゲティング広告は、一度ウェブサイトを訪れたユーザーに対して再度広告を表示する手法です。住宅業界でリターゲティング広告を活用することで、離脱ユーザーの再訪問を促し、コンバージョン率を向上させることができます。

リターゲティング広告の最大のメリットは、高いコンバージョン率です。すでに関心を持ってサイトを訪れたユーザーに対して広告を表示するため、再訪問率が高くなります。例えば、住宅展示会の情報を一度閲覧したユーザーに対して、再度展示会の詳細を広告で表示することで、実際の来場を促すことができます

広告のパーソナライズが可能です。ユーザーの行動履歴に基づいて広告内容をカスタマイズできるため、特定の物件ページを閲覧したユーザーに対して、その物件の詳細や関連するオファーを広告で表示することができます。これにより、ユーザーの興味に合わせた効果的なアプローチが可能になります。

また、リターゲティング広告は多様なプラットフォームで展開できます。GoogleのディスプレイネットワークやFacebook、Instagramなど、多くのプラットフォームでリターゲティング広告を表示することができ、ユーザーがどのプラットフォームを利用していても効果的にアプローチすることができます

このように、リターゲティング広告を効果的に活用することで、住宅業界での集客力を大幅に向上させることができます。

住宅業界のオフライン集客方法

オフライン集客は、住宅業界での集客において重要な役割を果たします。実際に顧客と対面する機会を作ることで、信頼関係を築きやすくなります。以下では、イベントと展示会、ダイレクトメールと印刷広告について詳しく説明します。

  • 【オフライン集客①】イベントと展示会
  • 【オフライン集客②】ダイレクトメールと印刷広告

【オフライン集客①】イベントと展示会

グラフィック5

イベントや展示会は、住宅業界において顧客と直接接触する絶好の機会です。住宅展示会では新しい物件やモデルハウスを実際に見てもらうことができ、来場者にリアルな体験を提供します。魅力的なブースデザインや資料、サンプルを準備し、スタッフが製品知識を持って顧客の質問に答えることが重要です。また、アンケートや名刺交換を通じて連絡先を収集し、後日のフォローアップを行うことで、顧客との関係を強化できます。イベントの成功には事前のプロモーションが不可欠で、チラシやポスター、SNSを活用して多くの集客を目指しましょう。

【オフライン集客②】ダイレクトメールと印刷広告

グラフィック6

ダイレクトメールと印刷広告は、ターゲット顧客に直接アプローチできる効果的な手法です。ダイレクトメールでは、特定のエリアや顧客層にカスタマイズされたメッセージを送ることができます。新しい住宅プロジェクトの詳細や特別なオファーを含んだパンフレットを送付することで、顧客の関心を引くことができます。印刷広告も地域の新聞や雑誌を通じて広く告知する手段として有効です。広告には目を引くビジュアルと明確なメッセージを盛り込み、興味を持った読者がさらに情報を得られるようにQRコードやURLを記載します。ターゲティングと効果測定を行い、集客効果を継続的に見直すことで、最大限の効果を得ることができます。

住宅業界の顧客の声を活用した集客方法

顧客の声を活用することは、住宅業界での集客において非常に効果的です。実際の顧客の体験や評価を通じて、信頼性を高め、新規顧客を引き寄せることができます。

  • 【顧客の声での集客①】口コミとレビュー
  • 【顧客の声での集客②】ケーススタディと成功事例

【顧客の声での集客①】口コミとレビュー

グラフィック7

口コミとレビューは、顧客の信頼を得るための強力なツールです。ポジティブな口コミやレビューは、新規顧客にとって非常に影響力があります。例えば、住宅購入者がSNSやレビューサイトで自分の体験をシェアすることで、他の潜在顧客がその情報を参考にします。具体的な成功事例や満足度の高いサービスを強調することで、信頼感を高めることができます。特に、GoogleやFacebookのレビューは信頼度が高く、多くの潜在顧客にリーチできます。ですので、企業は顧客にレビューを依頼できる仕組みづくりをしておくといいでしょう

【顧客の声での集客②】ケーススタディと成功事例

グラフィック7

ケーススタディと成功事例を活用することも効果的です。具体的なプロジェクトの成功事例を紹介することで、顧客に具体的な成果を示すことができます。例えば、リノベーションプロジェクトのビフォーアフターや、新築住宅の購入プロセスなどを詳細に説明します。成功事例は、顧客がどのような問題を抱えていたのか、それをどのように解決したのかを示すことで、新規顧客に対して信頼感を与えます。これにより、同様のニーズを持つ潜在顧客が自社を選択する可能性が高まります。企業のウェブサイトやパンフレットにこれらの事例を掲載し、セールスプロセスで積極的に活用しましょう。また、ビデオインタビュー形式のケーススタディは視覚的に訴求力があり、より多くの顧客に響きます。

住宅業界の最新技術を活用した集客方法

最新技術を活用することで、住宅業界において効果的な集客が可能です。以下では、VRとAR、AIの活用について詳しく説明します。

  • 【最新技術での集客①】VRとAR
  • 【最新技術での集客②】AIの活用

【最新技術での集客①】VRとAR

グラフィック8

VR(バーチャルリアリティ)とAR(拡張現実)は、住宅業界の集客に革新的な変化をもたらしています。VRを使用することで、顧客は自宅にいながらにしてモデルハウスの仮想ツアーを体験できます。例えば、物件の内装や外観を360度視点で見ることができるため、実際に訪問することなく詳細を確認できます。ARは、現実の風景に仮想の要素を重ね合わせる技術で、顧客がスマートフォンやタブレットを使って、家具の配置やリフォーム後のイメージを視覚化することができます。これにより、顧客は具体的なイメージを持ちやすくなり、購買意欲が高まります。これらの技術を導入することで、遠方の顧客にもアプローチでき、来場者数を増やすことが可能です。

【最新技術での集客②】AIの活用

グラフィック9

AI(人工知能)は、住宅業界の集客において強力なツールです。AIを活用することで、顧客データの分析やパーソナライズされたマーケティングが可能になります。例えば、顧客の閲覧履歴や検索履歴を基に、その顧客に最適な物件やサービスを提案することができます。また、チャットボットを導入することで、顧客からの問い合わせに24時間対応できる体制を整え、迅速かつ的確なサポートを提供することが可能です。さらに、AIはマーケティングキャンペーンの効果をリアルタイムで分析し、最適化することも得意です。これにより、広告の費用対効果を最大化し、効率的に集客を行うことができます。AI技術を導入することで、顧客とのエンゲージメントを強化し、競争力を高めることができます

住宅業界の集客はWeb広告がおすすめ

弊社トップページ

住宅業界の集客には、多角的なアプローチが重要です。特に、Web広告はターゲットユーザーに効率的にアプローチできる手段として欠かせません。

リスティング広告やリターゲティング広告を活用して、検索意図に合わせた効果的な広告配信を行いましょう。

弊社(株式会社ヒューワンズウェイ)は、Google広告、Yahoo!プロモーション広告の代理店として広告運用しております。住宅業界のWeb広告運用の実績も豊富にございますので、費用対効果の高い広告を出稿することが可能です。弊社は、クライアント様のお悩みと真摯に向き合い、伴走していくかたちで運用させていただいております。

本当に住宅業界の集客がWeb広告でできるのか」「予算の範囲内で成果を出せるのか」といったお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、お問合せください。

 

問い合わせボタン

 

この記事をシェアする

WEB広告・SEOを駆使した、集客実績をまとめております。ぜひご覧ください。