医療・保険・金融関係の広告配信は慎重に【Google広告編】

さっ、初めての執筆となります。Hew One’s Way SEO・広告ブログ!
こちらでは、弊社で行ってきている様々なSEO情報・広告配信等これまでの実績も踏まえて様々な情報を発信できればと考えております。
そんな、最初のテーマはこちら
「医療・美容・保険・金融関係の広告配信!」
これまでも多くの配信実績がありますが、特に実績のある「検索型広告」または「リスティング広告」について取り上げていきます。

広告にはガイドラインが存在する!

弊社で特に運用している広告に「Google広告(検索)」と「Yahoo広告(Yahoo検索広告)」があります。
こちらのどちらの広告にも配信する前には様々な制約があります。
それが、「広告掲載のポリシー」「広告掲載ガイドライン」と呼ばれるものです。
そもそも、広告の配信を始めるためには審査が必要となります。
特に今回取り上げるテーマのような「医療・美容・保険・金融関係」には事細かな規定や審査があり、通常の広告よりも準備期間を長く必要としたり、広告が配信できなかったりする場合もあります。

今回は、基本的なガイドラインの内容に関しての紹介と、弊社で配信を行う前に必ず確認している点などをご紹介致します。

Google広告のガイドライン

Google広告の場合は「Google 広告ポリシー センター
というものがあり、実際にこちらのページにて、医療・美容・保険・金融に関してのポリシーも記載されています。
特にこのような項目は「制限付きのコンテンツと機能」という項目でまとめられております。
では、それぞれのポリシーをご紹介致します。

ヘルスケア、医薬品

Googleにおいての医療や美容に関してはこちらの項目「ヘルスケア、医薬品」にて説明されています。

Google はヘルスケアや医薬品に関する広告規制に従うよう努めており、広告やリンク先は適切な法律や業界基準に準拠する必要があります。一部のヘルスケア関連コンテンツの広告を一切掲載できない場合や、広告主様が Google の認定を受け、掲載が承認されている地域のみを対象とする場合に限り、広告を掲載できる場合があります。広告を掲載する地域の法規制を確認してください。

金融商品およびサービス

Googleにおいての金融に関してはこちらの項目「金融サービス」にて説明されています。

Google は、ユーザーが適切な金銭的判断を下すことができるよう、十分な情報を提供するべきだと考えています。Google のポリシーは、金融商品やサービスに関連するコストを検討するのに十分な情報をユーザーに提供し、有害または詐欺的な商法からユーザーを守ることを目的としています。このポリシーにおいて、金融関連の商品やサービスとは、金銭と暗号通貨の管理や投資に関連するもの(パーソナライズされた助言などを含む)を指します。

上記でも記載されているようにGoogleではそれぞれに詳しいポリシーを設けています。

弊社での改善実績とチェックポイント

弊社ではよくお客様の声として
「一度広告を出してみたが、ポリシー違反が出て配信できなかった」
「ポリシーに関しては読んで確認しているが、原因がわからない」
といったご相談をお受けします。
その様な時に私達が一番最初にチェックするポイントは

医院やクリニック等の運営者情報の確認です。


広告の配信をするためにHPやLPを作成する方は多いと思いますが、この中でも特に見落としがちなのが運営者情報!
Googleのガイドラインにも細かい明記がされていますが、しっかりと情報の記載がされていないため広告の審査を落ちてしまっていることが多々あります。
また、こちらに関してはGoogleのガイドラインの中にある「ランディング ページの利便性」でも記載をされています。
実際の記載内容がこちらです。

2.ビジネスの透明性を確保し、サイトの信頼性を高める
 ・ビジネス情報を公開し、業務内容を明確に説明します。
 ・商品やサービスの説明をしてから、フォームへの記入を依頼します。
 ・訪問者が店舗や会社の連絡先情報をすぐに見つけられるようにします。

上記のようにどんなサイトであっても運営者情報をしっかり明記し、ビジネスの透明性、サイトの信頼性を確保しておくことが大切なのです。

特に今回紹介している「医療・美容・保険・金融」の広告ではよく見られている大切な部分になります。
もしも、現在上記の様な業界の広告でお困りの方が居ましたら今一度こちらをチェックしてみてください!
また、先程記載している「ランディング ページの利便性」のページですが
広告を運用していくうえでもかなり重要なことが記載されています。
運用者情報も知ってるよ!ガイドラインも読んだよ!って方もこちらはまたチェックしてみると抜けて漏れている所があるかも。

お気軽にご相談ください

弊社ではこれまで多くの「医療・美容・保険・金融」等の案件を運用しております。

運用で困っていたり、ノウハウが何も無いのでこれから始めたいなどありましたらお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら!

今回は、Google広告に出す際の「医療・美容・保険・金融」広告等の配信についてお伝えしてきました。
今度は別の機会にYahoo広告で配信する際のチェックポイントをお伝え致します。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP